HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 道標の傷(平成25年5月25日)

<<   作成日時 : 2013/06/28 19:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 続いて豪士山の山行のお話。振り返るとあれから、雁戸山、不忘山、屏風岳、月山、寒江山と登っているが、ブログアップは溜まり続けてしまっている。頑張ります。
 豪士山からの下りは豪士峠から西に尾根伝いに下るのが速い。中の沢コースへの分岐は峠を過ぎてからの道標を右折するが、その先が藪になっていて見過ごしてしまった。もう一度道標を見直すと削られた跡がある。この先の道標には、同様の傷跡は見られる。それも、その傷はだんだん深くなっている。飢えた動物の目標にはなりたくないものだと
願いながら北の尾根へと縦走を続けよう。
 中の沢はあまり歩かれないコースのようだが、ヤブっぽいのは豪士峠の分岐と鞍部の僅かな箇所箇所だけで、よく整備されていた。山躑躅が咲いた展望のよい縦走コースだ。去年はもう少し季節が早かったせいか、周りの低山の芽吹きの新緑が青々のして、傷心ぎみの私の心を癒してくれた。
 山道は張り出した木がノコギリで綺麗に切り落とされていて、その切り口と見ると最近にようだ。江の沢山の標示の柱は軽傷のようだが、中の沢峠の道標は致命傷を受け、倒れそうだ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
道標の傷(平成25年5月25日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる