HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 水引入道から屏風岳(平成25年8月18日)-アブを目覚めさせる−

<<   作成日時 : 2013/08/22 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

猛暑が続く中、早朝の白石スキー場を立って水引水道から屏風岳に登った。午前8時の太陽は予想以上で、水引平から屏風岳の直登では真夏の暑さを全身で感じた。不忘山からの下りで多くの登りの方とスライドしたがガレ場からつながる登山道に日影は少なく、熱中症が気になった。

<アブを目覚めさせる>
 3時の目ざましが鳴る前に顔を洗った。布団に入ったのは覚えているが果たして眠ったのだろうか。何時ものコンビニを出たのは3時10分過ぎそれから白石スキー場まで夜明け前のドライブ。笹谷のトンネルを過ぎていつも閉店の丼屋を右折。そこから迷った。山道でもないのに。
 カーナビのおかげで何とかスキー場の駐車場に到着。便利なものはGPSでも使えば時間の無駄遣いを無くせるが、迷子の子供からおさらばできるのはいつの日か。1台の脇に停めるとその車はどこかに消えた。早朝の使い方は人それぞれ。私は涼しい内に一登りして、午後はビールと昼寝の予定。
 ゲレンデの向こうに白いものが見える。標識かと思ったら大きなユリの花のようだ。そのまま登ったら、ゲレンデ右の登山口を見落とすところだった。真夏の朝、もう暑くなった。木蔭に潜れて登り続けると沢の音が聞こえ出す。遠くに滝が見えた。蝶々もお目覚めだ。それからあいつも目覚めさせてしまった。石段に隠れていたアブの家族につま先で御挨拶。何十匹が飛び出して黒いボールのように浮かびあがる。中の一匹は長袖の上から齧り付き私はパニックになる。痛かった。
画像
画像
画像
画像
画像
画像


みやぎ蔵王白石スキー場(4:43)−権現沢水場(6:19)−大日向(7:14)ー水引入道(7:24−7:28)−屏風岳(8:20−8:38)−南屏風岳(9:07)ー不忘山(9:38)ー白石女子高小屋跡(11:17)−みやぎ蔵王白石スキー場(11:39)

水引入道 1656m  屏風岳 1825m
  
往路    3時間37分 
復路    3時間01分 
移動距離  13.2km
総上昇量  1217m

 権現沢水場を過ぎると沢を何度か渡るが、沢の対岸の尾根を反時計回りに巻いて鎖場を下り次の沢を渡る箇所で迷った。巻かずに沢を渡ってから直登しようとしたが藪なので引き返し、左に曲がると沢をへつるように進まねばならなくなり、おかしいと思ってGPSを見ると夏道は沢を渡って右にあった。つまり、沢までの坂を下って直進しようとしたのが間違いで、v字に右に折れるようにして数mくらい下ってから徒渉すると取りつきに赤布があるのがわかった。
 不忘山からスキー場までの道には丸太で階段が作られていたが、私の足では段差が高く避けて下ったのでジグザグに歩くことが多かった。弘法清水は涸れていた。その清水を過ぎると道は粘土状にえぐれて滑り易く何度か尻もちをついた。ある意味、かなりマニアックなルートとの印象を持った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
HITOIKIさんこんばんは
ご無沙汰しています。
ヤマレコkimberliteです。
アメブロもやっていましたがほどなくして退会してしまい、その後退会してしまい、ネット関係ヤマレコとTwitterのみです。

この夏は雨が多く、水引入道に行くにも沢コースは躊躇してしまいました。
ここにきて県内大井沢方面や秋田方面も豪雨被害でアクセスできない登山口があったり登山道も荒れていたりと深刻な状況であることも知りました。

水引入道経由の屏風岳、いつかこの沢コースで歩きたいです。
また来ます(^O^)/
アメブロみけにゃんこ、ヤマレコkimbe...
2013/08/28 00:25
ヤマレコkimberliteさん、こんばんは。
ネット関係、楽しいですが社会の縮図のような面もありますね。よかったら、 ウェブリブログ初めてみませんか。コメントしてみたいです。ヤマレコではコメント今はできますか。僕も以前はヤマレコしていましたが、コメント少なくてやめてしまいました。コメを読むとその人のことが良くわかるような気がします。
水引入道の沢には水は多くありませんでした。清水峠から山形神室の沢は増水で撤退したようですね。僕も同じ経験があります。懸命な判断だと思います。これからもコメント待ってます。
HITOIKI
2013/08/28 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
水引入道から屏風岳(平成25年8月18日)-アブを目覚めさせる− HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる