HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形市東側の丘陵

<<   作成日時 : 2013/12/10 18:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 山歴6年の私は厳冬期にはせいぜい面白山を登れるくらいでスキーをしないものとしては週末の行き場に困ってしまう。登山を始めたばかりには西蔵王の林道をラッセルした。危険性は少ないし蕎麦屋巡りも楽しいのでこれからの続けたい。先日、上山の古窯の忘年会の帰りに蔵王見晴らしの丘近くの新道を車で走っていると奥羽の脊梁の支尾根が良く見えた。その山裾の高まりが千歳山であったり戸神山だったりなのがわかった。その二つの支尾根は登ったが、地図を広げると高瀬地区と山形市街の間に聳えるのが炭沢山であることが見て取れる。前の二つの支尾根に比べ炭沢山は東西南北に星状に尾根が広がり、一大丘陵となっている。数々の低山が連なり山力アップにはもってこいと山域に見えてきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山形市東側の丘陵 HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる