HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪深い面白山西尾根コース(平成25年12月21日)−処女航海−

<<   作成日時 : 2013/12/26 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今年の1月に面白山に登った。その時は長命水まで1時間20分足らずだった。だから西尾根から三沢山経由でも山頂を踏めるだろうと思っていた。登山口を過ぎてすぐに夏道から逸れて稜線を歩いた。夏道はトラバースになっていて、いくらか危険かなと思ったことと、雪のあるこの時期なら稜線も歩き易そうだと予想した。いずれにしても誰も歩いたことのない新雪の尾根は処女航海に出るようでわくわくした。尾根を外さなければ何処を歩いてもいいのだが倒木付近は雪が柔らかく思わぬくらい抜かってしまった。するとストックは根元までささって引き抜くと片方のリングが消えていた。ただの棒になった方われはデポすることにした。片手ストックのラッセルはその分足に体重がかかってしまって踏みこんでも抜かるばかりでからだはあまり上昇しなかった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
誰も踏んでない新雪は、言うまでもなくBCスキーヤーの憧れの的でもあります。ていうか比ではない気がします(笑)。
気持ちよくて脳汁出まくりなんですよ♪
今季はどこ滑ろっかな〜。
まこ☆にい
2013/12/28 16:01
まこ☆にいさん、こんばんは。
雪が降れば、天気は悪くなる。晴れ間がないとテンション上がりません。それでなかなか布団から抜け出れないでいます。あと1回でも山登って新年を迎えたいです。
HITOIKI
2013/12/28 20:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪深い面白山西尾根コース(平成25年12月21日)−処女航海− HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる