HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 豪雨に濡れた天元台(平成25年8月25日)

<<   作成日時 : 2014/01/10 21:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 山形の山のなかでまだ歩いていない山は吾妻連峰だ。25年の登山計画の一つにしていた。それと年に1回の女房との山行。ロープウェイと3本のリフトを乗り換えて楽々山行を企画したのだが.。
 左の写真はペアリフトに乗った女房の日避け用の手袋に停まった赤とんぼである。日差しもほどほどで高原の風に包まれながらのリフトはいつもの孤独な山行と違った楽しさがあった。8月も終わりに近づき高原の花もその鮮やかさは翳りをみせていたが、リフトの上から見下ろす針葉樹の林は涼しげだった。しかし、何度か乗りついで高度をあげるとガスが立ち込めてきて雨雲の中に迷いこんでしまったようだ。
 3本目のペアリフトを降りると待ってたように雨が降り出した。登山道に逃げ込み林の下で雨宿りしようと思ったが豪雨になって来た。雨具が一人分しかなかったので女房に着せて早々に折り返すことにした。
 振り返れば夫婦登山は去年も雨にやられた。女房は私と行くと水難の相があるという。確かに24年と25年でこれほどの雨にあったのはその日だけだ。24年の月山も雷に怯えた。それなら万全の装備で登ればいいのだが、そんな怖い所と思わせたら女房はついてこない。
 登山を始めて2年くらい経った頃には何度か女房と山に登った。自宅から歩き始めて西蔵王にも登った。母の日だったと思うが宝沢からドッコ沼近くの不動滝に行った帰りに女房が沢に落ちてしまった。初心者にしては難路に誘ったのがまずかった。でも、途中でヒトイキついてドーナツを食べたら急に元気が出て滝まで歩けた。それでしばらく2人での山行がなくなったが、私が膝を痛めた時に全快祝いに月山にいっしょに登ろうと約束していた。そんな月山では雨のなか傘をさして下山したら雷に怯えた。
 今年はそれでも吾妻連峰に登ってみたい。水はいで湯だけと願って。
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
豪雨に濡れた天元台(平成25年8月25日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる