HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 総集編山ガック部三沢山雪上トレッキング(平成26年3月2日)

<<   作成日時 : 2014/03/14 18:38   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 山ガック部の部長になって初めての雪山だ。メンバーは前回の突風の屏風岳で太平洋を共に望んだ同じ年のHさん、ガスの月山縦走ですっかり霧中になったAさん、それに、今回の新メンバーTさんだ。Tさんは長く宮城県に住んでおられて泉ヶ岳がホームグランドの山好きだが、雪山は初めてとのこと。彼のために初心者でも安全に登れる天童市の三沢山を雪上トレッキングした。私としては面白山まで足を延ばしたかったがグッと堪えて4人の先頭を歩いた。雪は締まり12月に苦労したラッセルもなく、Aさんは長靴にカンジキでスイスイ。Tさんはこの日のために買いそろえたウン万円の装備を駆使して万全のトレッキング。学生時代からの同僚のHさんは擦り切れる程履いたスノーシューに嫌われシンガリを勤めた。展望はイマイチだったが良く締まった雪で先週の山行の苦労が懐かしく感じた。

 天童高原にはこのシーズン3度目だがいつも青空は微笑んでくれない。8時の集合時間を前にして高原には誰もいなかった。家を出てくると雪がすこし降っていたが中止にする気はのっけからなかった。3月になってもラッセルが強いられるような人気のないコースではないのだから、吹雪いていなければ安全なルートだろう。でも12月は尾根伝いに新雪をラッセルして山頂まで行けなかった。出来れば平坦な夏道を歩きたかった。
 8時前には全員が集合し2人はスノーシュー、1人はカンジキ、私はいつものワカンを履いた。西尾根登山口でルートを確認した。みんなは平坦な夏道を歩きたいようだった。少し歩くと右手に夏道が見えた。坂を下ってみるとスノーシューは滑って尻もちをついた。夏道にはトレースが僅かにあったが次第に傾斜のある雪面に変った。初心者は歩き辛いだろう。そう思っていると大きなザックに青いザックカバーをつけた単独者から声をかけられた。雪のある季節は尾根のほうが安全ですよ。そう言われた言葉が消えないうちに前方は崖のような状況にさしかかった。危ないと思って急いで後を追ってくれたのかもしれない。
 助言に逆らって何かあってはシャレにならない。尾根に取り付くのも雪崩れた後なのか、うまい具足に傾斜が出来ていた。単独者は面白山までいける所までとのことで、帰りは引き返す予定だという。挨拶するともう後ろ姿は見えなかった。所々踏み抜いたあとの大きな穴があった。私は先頭だが2番手は生真面目にぴったり着いてくる。立ち止まると放牧場跡が眼下に広がって見えた。曇っているから光の輝きはないが乳白色の風景はここでしか得られないものと讃え合った。
 長命水からの九十九折りの道が合わさる所にあるはずの標識は埋まっているようで、それでも標高が増して来たのは周りの樹木が細くくねってきていることからわかる。弾んだ息が着かず離れずに感じられる。ザックを下ろしてみんなで水分をとった。前方に先ほどの単独者の姿が見えた。意外とみんなの歩きは確かだった。目指す三沢山の山容が見えてきたので、ここからは踏み跡が錯綜する尾根筋は避けてトレースのない雪面を登ることにした。先頭も変わればもっと雪山の楽しさがみんなに味わえるとも思ったがそれでも危険が待ち構えているかもしれない。3年前に踏みぬいて膝を痛めた経験を思い出した。半球状の稜線の頂点を目指すように一歩前を歩いた。
 スノーシューでは真っ直ぐに登るのは無理なようで長靴とカンジキのほうが確かな歩みだった。それでもあっという間に三沢山山頂に着いた。単独者は面白山を目指しているのがガスの向こうにかすかに見えた。私一人行くわけにもいかず、風を避けられる所に戻って昼食にした。晴れた空の下でないのが残念だったが初めての雪山登山に満足しているようだった。ここからゲレンデまでは和やかにくだった。思ったほど踏みぬくこともなく雪質に恵まれた山行だった。
天童高原(8:16)−西尾根登山口(8:35)−三沢山(10:05−10:14)ー休憩(10:27−11:04)−天童高原(12:07)

三沢山   1042m      
往路    1時間49分
復路    1時間16分
移動距離    6.7km
総上昇量    489m

西尾根には夏道が尾根をトラバースするように切れているが、積雪のため歩きにくく、途中からアドバイスもあり尾根を歩いた。みんなこのほうが歩き易いとの感想だった。確かに上下の高低差はあるが、斜面を横切りながらのトラバースは滑落や雪崩の危険もあり正解だった。雪は締まっていたが、登山口付近では踏みぬきの跡が多くあった。アドバイスを頂いた先行者は面白山までスノーシューで登って行ったが山頂まで辿りつけたかはわからない。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
総集編山ガック部三沢山雪上トレッキング(平成26年3月2日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる