HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 鵜沢山までの稜線(平成26年2月23日)

<<   作成日時 : 2014/03/27 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 あれからもう1カ月余り。息子も巣立ちを向かえ親の勤めもヒトイキつけそうだ。寂しい気持ちはあるが若かった頃の私と二重写しにも見えてくる。娘は今年から山ガールに変身したいと。まずは衣装替えを手伝うか。リフレッシュの休日、冬の山行を思いつつ春を待つ。
 鵜沢山までの稜線にも雪庇が伸びていた。後ろから口だけ出す。足元は雪団子と戯れる。振り返ると面白山の麓の天童高原スキー場から雨呼山に繋がる稜線が見えてきた。いつかは歩いてみたい、とうるしさんに話しかけた。御所山は雲の中だったがその裾の山稜が銀色に輝いて見えた。鵜沢山手前で休むことにした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。息子さん決まったんですね。おめでとうございます。娘さん山ガール志望、いいですね!うちの山ガールは今朝鳥海山に2泊3日の合宿に行きましたよ。おやじと山に行くことはあり得ないですね(笑)。
うるし
2014/03/27 22:34
うるしさん、こんばんは。
ありがとうございます。3月の鳥海山、万助小屋でしょうか。僕も行きたかった。無理ですね。若さには無限の力を感じます。それだけで満足です。親として。
HITOIKI
2014/03/28 20:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鵜沢山までの稜線(平成26年2月23日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる