HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ナデシコとハマグリ山(平成26年8月3日)

<<   作成日時 : 2014/08/03 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 どうして山に登るのだろう。日本百名山一筆書きの田中陽希さんの姿をBSで見て妻が話しかける。自分には理解できない行動だと言う。でもそんな生き方をする人がいることは認めると言う。この週末は時間がタイトで日曜日の午後4時にやっと自分の時間はとれた。夏バテ気味でまだ30度を越える山形にいると山が遠く感じる。こんな時、どうして山に登るのだろうか。自分でも答えははっきりしない。山に魂を抜かれてしまったのかもしれない。それ以外の歩みは禁断になってしまったのか。そんなことを年を重ねると思ってしまう。でも、笹谷峠を目指してハンドルを握る自分に迷いはなかった。習慣の虜になった中年もその心の破れ目を大事にしたい。
 笹谷峠の駐車所には着いた時には4時半過ぎ。ささっと靴を履いてハマグリ山まで歩き出す。下界と同じく笹原はまだ暑かった。でも灌木のドームに入ると山屋の根性が蘇る。春に稚児ユリに出会った道には私の好きな撫子が咲き乱れていた。こんな乱舞は初めてだ。もう日常の事は中和されていた。
画像

 長い距離を長い時間かけて歩くのは最高の楽しみだが、そんな贅沢はめったには許されない。限られた時間でもゆっくり歩けば印象に残る山行ができる。坂を登って原っぱに出た。そこにもナデシコは群生していた。誰もいない地面に這いつくばって赤みがかった夏空に浮かぶピンクの花びらを眺めた。そのまま横になって暗くなるのを涼しげに佇んでいてもいいだろう。
画像

 空の下にはハマグリ山からトンガリ山への稜線が見えて来て、その向こうには山形神室がガスの中から顔を出している。稜線を少し歩いて夕日が沈む朝日連峰を見に行こう。足元の両側にはまたナデシコが揺れていた。5時になって誰もいないかと思ったが山慣れた感じの男が下山して来られた。心配するといけないので私もハマグリ山で折り返すことにした。雲間にピンクに映る朝日連峰のシルエットが美しい。沢山写真を撮ったのに自分の山頂写真を自動シャッターで撮ったところで記録されていなかった。
画像

 帰路にオノエランが黄色くなったような花を見つけた。枯れかけたから黄色くなったのかな。証拠写真も無くなったのでわからず仕舞いで仕方がない(完)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ヨーキ君のは私も理解できません(笑)。はっきり言ってやり過ぎ。観ているとコースタイムの50%位で駆けていますね。無理がたたり現在発熱で静養6日目とのことです。
花を愛でながら山をのんびり楽しむことなら、きっと奥方様も理解を示してくれるのではないかと・・・。
まこ☆にい
2014/08/04 20:26
まこ☆にいさん、こんばんは。
今日のBSでも百名山の特集をしていました。まさにブームですが、テレビに出てくる人はお金持ちばかりのようで見るのをやめてしまいました。山の楽しさは山に登ればわかるし、こうしてブログを覗くくらいに留めないと散財してしまいますよね。
HITOIKI
2014/08/04 21:11
こんばんは。
私は30年ほど山行きを止めていて定年を目前に再開した口です。
思えば、若い頃は「山男にゃ惚れるなよ」の時代でした。何か他人のやらないことをやっていると言う高揚感でピークを目指していたような気がします。
止めていた30年間は、山の事を考える心の余裕が無かったですね。
今は若い頃と違い、ピークハントが目的でもなく、山に登る過程を楽しんでいるような気がします。
考えてみれば、残り少ない貴重な時間(人生)をを使うわけです。雑念から解放され集中できる物があると言う事は、この上ない贅沢な事のように思います。
それに、自分に課した目標を達成できる(意外と簡単に)のは、山行きが1番なのでは。
Georgey
2014/08/05 20:45
Georgeyさん、こんばんは。
山歴7年目の私も50の中場をすぎてしまい、残された時間を充実させたいと毎週のように山に向かっています。日常で目にする光景を間直に出来ることが登山の楽しみです。今回の登山は夕暮れの朝日連峰を望みたいとの目標でした。見事に実現できたのですが、写真に残せなくて少し残念です。確かに山に遊んでもらうと雑念から解放させますね。それ以上の楽しさはないと思えます。山形は手つかずの自然が残っていると言われます。特に飯豊の山並みは素敵です。その飯豊にあと何回、何十回、できれば百回を目標に残された人生を歩き続けたいと思ってます。これからもよろしくお願い申し上げます。
HITOIKI
2014/08/05 21:50
こんばんは。空いた時間を使って少しだけでも山に行くHITOIKIさんのスタイルが好きです。私も平日夕方早く帰った日にはときどき盃山(笑)に登ってきます。それだけでも気が晴れますね。
うるし
うるし
2014/08/07 23:49
私も3日前ハマグリ山に行ってきました。
ナデシコ本当に綺麗でしたね〜
 田中陽希さんのTV録画で昨日見ました。
 世の中には凄い人がいるもんですね〜

 また、それを撮影するスタッフの体力にも感心してしまいました。だって、コースタイムの半分で登る人を撮影するんですからね〜
 これまた凄い方々だと尊敬してしまいました。

 HITOIKIさんもまた、16時から登られたとの事。
 これまた尊敬するとともに、途中から敗退して来た自分のふがいなさを痛感したところです。
トシヒコ
2014/08/08 09:55
うるしさん、こんにちは。
だいぶご無沙汰している感じです。予定が合わなくてご一緒できないのが残念です。あの日は夕焼けを見ようと富神山かと迷いましたが笹谷に行って正解でした。風の通り路は猛暑を忘れさせてくれました。一緒にまた登りましょう。
HITOIKI
2014/08/08 16:50
トシヒコさん、こんにちは。
今のテレビカメラはどのくらいの重さですかね。たぶん、ヨーキさんより大変かも?トシヒコさん、急ぎすぎでないですか。僕は1時間くらいで登りましたよ。
HITOIKI
2014/08/08 17:54
おはようございます。
夏は吹奏楽コンクールの練習であまり山に行けませんでした。コンクールは先日の県大会で見事に敗退(笑)しましたので、秋からは山にも行けそうですが、今度は娘二人の受験が気掛かりで…(汗)。
HITOIKIさんのようなハードな登山はできませんが、またどこかにご一緒させてください。
うるし
うるし
2014/08/10 09:22
うるしさん、こんばんは。
吹奏楽に受験と、忙しい毎日が続くんですね。僕はなんとか毎週の山行でリフレッシュしてます。今日は雨の中、仙台神室に登って来ました。風が強く、写真ちるのが大変でした。今度、行きましょう。
HITOIKI
2014/08/10 20:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ナデシコとハマグリ山(平成26年8月3日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる