HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 色づく月山(平成26年8月24日)

<<   作成日時 : 2014/08/25 21:38   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

 姥沢駐車場に2台のバイクが入って来た。県外ナンバー。ササッと着替えて月山に向かうのだろう。ツーリングとトレッキングを楽しむ二人。タフだ。下山した時には爆音を立てて消え去って行った。
 小屋跡を過ぎてブナ林に入ると涼しくなった。晩夏の日差しにこたえる私はいつものようにゆっくり登るが水場までが長かった。四谷川の沢にも雪は無くなって、ナナカマドの実に彩られた木道の先に牛首の頂きが見えた。でも月山山頂は最後までガスの中だった。石段を過ぎると木道の両脇は縮緬のように白く染まっていた。木道を降りて首を伸ばすとヒナザクラの群落だった。ここから牛首までは花が続いた。
画像

 雪渓から水蒸気が登っていた。牛首からは雲の中に徐々に入っていった。
画像

 団体登山の方々に道を譲っていただくと休めなくて息が切れそうだった。
画像

それでも三角点には2時間30分の予定時間に着いた。
 物静かな二人の後にTシャツ姿の健脚おじさんが登って来た。何時もは山頂でもザックもほどかないで降りてしまう、という。そう云いながらも立ったまま袋の混ぜご飯をスプーンで食べ始めた。日本の山は北から南までさまざまに登っていらっしゃるようで、特に地元新潟のお勧めの山を教えて頂いた。それから山形の単身赴任の同世代らしい二人と三角点の話やら山形のお勧めの山などで盛り上がった。自分のブログを紹介したりと時間を忘れたが急に雨が降り出したのでお別れした。
 帰路は急いで団体の前に出て石段を下ったがストックがないとすこし膝に負担を感じた。分岐からは姥ヶ岳に回ったが急に人影は無くなった。地塘は草紅葉で彩られ出したと思ったら雪の無くなったゲレンデは一面のお花畑に変わっていた。
画像

 今年3回目の月の山だがそれぞれに発見があり、この先もまた楽しませてくれるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
健脚おじさんが食べてらしたのはアルファ米の混ぜご飯でしょうか?
ウチでも泊まりの際によく使いますよ。小屋で朝食時に湯を入れておくと、意外に昼でも温かご飯が食べられます。残しても密閉できて安心ですし、軽くて安上がりなのがイイですね♪
まこ☆にい
2014/08/26 09:52
まこ☆にいさん、こんばんは。
たぶん、アルファ米の混ぜご飯だと思います。僕と山頂で話す機会があったから食べたと言っていたので、そんなに美味しいものではないのかなと思っていましたが、結構、イケるものなのですね。最近では山形でもスポーツ店に置いてあるのを目にします。冷たい水でも美味しいのかなあ。
HITOIKI
2014/08/27 21:51
 山頂での出会い
 HITOIKIサンならではですね〜
 世界がどんどん広がって行くのではないでしょうか。
 帰りは雨降りになったようで、木道大変だったでしょうね・・・
トシヒコ
2014/09/04 06:18
トシヒコさん、こんばんは。
月山は100名山なので、いろんな人に会えます。僕も県外の山にも登って見たいのですが、一人だと気が引けます。
HITOIKI
2014/09/04 17:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
色づく月山(平成26年8月24日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる