HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 7年前にタイムスリップ(平成26年8月31日)

<<   作成日時 : 2014/09/01 21:54   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 僕が山に籠るようになったのは最近のことで、それでも、夜は自宅に帰っている。それにウィークデイは何とか仕事をさせてもらっているから山に居るのは週末のお日様の見える時に限られる。そんな生活をかれこれ6年くらい続けて来た。残り僅かな人生だから知らない世界に浸っていたいと切に思う。それが山だったり、家族との新たな触れ合いだったり、仕事での出会いだったり、するわけだけれど、もっと貪欲に没頭したいと日々思う。
 昨日は大学生になった息子と裏磐梯にドライブに行った。2週後の山ガック部の雨天の際のバスツアーの下見を兼ねてのドライブだ。諸橋美術館に行った。以前に家族旅行で立ち寄ってからダリの足の長い像の携帯ストラップを持っていた。その足がしだいに短くなったことに気づいていたが先日象さん全てが消えてしまった。それで美術館に再訪したわけだけれどそのストラップには再来できなかった。でもダリホールの窓越しから磐梯山が僕を見守ってくれた。
画像

 ちょうど7年前の8月31日には息子を連れて白神山地に行った。その時の山行はある雑誌に投稿してあるし、このブログにも山への憧れとして紹介した。今の息子は山歩きには興味を示さない。その代わりに娘は山が好きだ。その息子との休日を磐梯山に旅する。息子は中学時代に磐梯山に登ったそうだ。美術館から五色沼に観光した。ボートに乗ろうかと誘ったがそれは10年後の孫が出来た時の楽しみに取っておくことにした。二人で蕎麦を食べた。濃い目の醤油味が疲れを癒してくれた。
画像

 五色沼からの予定はなく、昭文社の山岳地図を広げてみた。まずは湖畔をドライブすると、息子は車窓から中学時代に泊まったホテルを見つけて興奮していた。檜原湖が見えると木漏れ日が差して来た。道の駅で怪しげなこけしが展示されていた。階上の展望台の窓からかすかに湖面が見えた。そのまま北上すると見晴らしの温泉があるようだ。そこは診療所に併設されている温泉で地元の人は200円で僕たちは400円だった。地元の人は全て顔見知りなのだろうか。湯につかって狭い窓から湖が見えた。まったくのどかだ。
 湯の近くに蕎麦屋があった。さっき食べたばかりだがまた頂くことにした。地元でしか取れないそば粉を使った手打蕎麦で、山形の蕎麦も負けそうなくらいの美味だった。いろり端でここでものんびりした。 檜原湖を一周して喫茶店に入った。ここにはファーストフードの店はなく、昭和の風情が楽しめた。おばあちゃんのブレンドは優しい味がした。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
学生時代、バイク乗りの友人たちがスカイバレーを攻めた話をよくしていて、車で帰省のついでに通ってみたことがあります。
右手に現れた湖が確か檜原湖だったような・・・!?
キラキラ光る湖面を眺めながらコーヒーを飲んだのを覚えています。
その後、小出(現在の南魚沼市)へ抜けましたが、当時は心細くなるような酷い山道でした。

自分も高校時代からしばらくは山から遠ざかっていた時期がありましたが、今は母と2人で山に行ったりします。
息子さんとまた山を歩ける日が来るとイイですね♪
まこ☆にい
2014/09/03 23:46
 息子さんと行かれたとの事。
 良いですね〜
 磐梯山は、表も裏も本当に良い所ばかりだと思います。
 今月に私もキャンプで行く予定です。
トシヒコ
2014/09/04 06:13
まこ☆にいさん、こんばんは。
檜原湖畔でキャンプでも、と息子を誘いましたが、
友達とならキャンプしてみたいようでした。
息子は女房に似て山には興味がなさようです。
HITOIKI
2014/09/04 17:17
トシヒコさん、こんばんは。
山は見ただけです。
去年、磐梯山は表から登って裏に下りまた登り返す、9の字で歩きました。水と土と空と木、全て良かったです。
HITOIKI
2014/09/04 17:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
7年前にタイムスリップ(平成26年8月31日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる