HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 登山部熊野岳(平成26年9月21日)

<<   作成日時 : 2014/09/22 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

 2年前の3月31日に登山部を立ち上げて雪の笹谷峠をトレッキングした。登山部は職場の山好きの集まりだが、その後はなかなか予定があわず、2年が経った。その間、山ガクッ部の方は順調に山行を積み重ねていたが。登山部は家族連れ大歓迎で今回も新婚カップル、幼稚園の息子と小学生の娘の連れのおかあさん。あとは僕と新生山ガール。コースは大黒天から熊野岳までで、帰りは刈田リフト。初心者でも楽しめるお勧めルートだ。車4台で出発し刈田駐車所にデポして大黒天へ。そこからいざ出発。階段を上り切った見晴らし台で休憩。僕は所用で折り返し、刈田に戻ってリフト脇を登って刈田神社へ。そこから剣ヶ峯近くまで下って合流。しばらく登り返すとお釜が見える。みんな笑顔だが、新婚さんのテンションは山頂を越えていた。子供たちはお腹が空いて来て刈田岳でお弁当にした。お釜を見ていると歩いている人影が見えた。どこから降りるのか、と聞かれたが黙っていた。僕も良く分からない。さて、蔵王山最高峰の熊野岳を目指すが、5歳の子供が心配だ。なら、行ける所までとレストハウスでトイレ休憩をして出発。登山道以外には立ち入らないようにと子供たちに話すと、上の子は月山登山で高山植物のためと教わっていてびっくりした。そろそろ疲れたようでお釜の縁で犬を連れた御夫婦に集合写真をお願いする。
 写真を撮ったら、またみんな元気になった。不思議なものだ。熊野岳までそれぞれの思いで歩いているのだろう。綺麗な石はないかな?神社で何をお願いしようか。転ばないで歩いてほしい。山頂に着いて一安心。南蔵王とバックに一人佇む。
 帰りはリフト組みと歩きに分かれた。僕はもちろん歩き。後ろからこんな道を下るのって楽しいね、との山ガールの声が嬉しかった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
蔵王、最高の天気でしたね。楽しそうな写真ばかりでいいですね。行程は短くても大勢を連れて歩くのはいろいろと気を使って大変だったのではなかったでしょうか。お疲れ様でした。
うるし
2014/09/23 21:17
うるしさん、こんばんは。
山に登る楽しみのひとつに出会いがありますね。それは今まで会ったことのない人との出会いはもちろんのこと、違った空間でいつもの人と会うこともあると思います。そんな素敵なチャンスを提供してくれるのが山ですね。
HITOIKI
2014/09/24 21:30
仕事で一緒の人でも、山の環境の中で関わると普段とはまた違う一面を感じたりするのでしょうね。
うるし
2014/09/24 21:55
 仕事での付き合いは運命共同体のようなものでそれはそれで大切ですがその仕事のために違う環境でも関わるというのは少し違うように思います。僕としては仕事以上に大事な何かを求めるためにいろんな人と山に向かっていきたいと思っています。
HITOIKI
2014/09/24 22:34
ほんとに楽しかったです!少しだけ山登りに心を奪われる気持ちがわかったような気がします。また、ぜひ連れて行って下さい。ありがとうございました。
さんごしょう
2014/09/25 08:01
さんごしょうさん、こんばんは。
連れていくなんてなんかちがうような気がします。登山は天候次第では命がけです。それでも山に登るのはどうしてでしょうか。山に楽しませてもらったという感謝の気持ちだけは忘れたくありません。ありがとうは山に言ってくださいね。
HITOIKI
2014/09/25 22:09
どーもいそぎんちゃくです(。・w・。)
先生と登る山はとても楽しかったです♪山さんありがとうヾ(´・∀・)

第二弾楽しみにしています(。・w・。)
いそぎんちゃく
2014/09/30 23:00
いそぎんちゃくさん、こんばんは。
先生と呼ばれるほど偉くもなく、経験もなく、力もないです。あるとしたら年でしょう。御嶽山のことがあってから山も今更ながら気をつけなければと思っています。蔵王だっていつ噴火するかわかりませんよね。蔵王は近くで気軽に登っていたし、これからも四季を問わず楽しませてもらいたいです。「山さんありがとう」の言葉を僕からも。第2弾は思案してます。お勧めの山をこのブログで紹介してみようかな。
HITOIKI
2014/10/01 18:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
登山部熊野岳(平成26年9月21日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる