HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 猿岡山の尾根(平成27年3月29日)

<<   作成日時 : 2015/03/29 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 猿岡山は標高557メートルで千歳山より首一つ高い感じだ。両山は恥川を挟んで南北に対するが猿岡山は南東に位置する。平清水に駐車し、宅地脇を右折すると恥川の河原にすぐ出る。そこから南東に伸びる尾根に取り付き、鞍部を過ぎて猿岡山山頂まで登り、東に下って隣の530メートルくらいのピークに登り返してから反時計回りに巻いて北北西の尾根を下って鳥居に下りる、これが今回の計画したルートだ。雪解けの里山を地形図とコンパスで正確に踏破する、回りには芽吹き始めた雑木林があって見通しは十分ではない。現在地と進行方向を確認しての山行となるが、結果は及第点はもらえそうにない。
 まず、恥川の徒渉後に南東に伸びる尾根に北側から目指し、かなり山肌を漕いでしまった。もっと下流から恥川を渡るべきだった。尾根の取り付きは薮が濃いと迷ってしまった。530メートルくらいのピークからの下りもルートを大きく外した。ピークからほぼ真北に少し下ってから北北西の尾根を下るはずだったが、そのまま北に下って林道に出てしまった。確かに地形図には北に下る尾根がわずかに確認できる。尾根のY字の分岐地点を見落としてしまった。そこまでの下りには踏み跡がわずかにあってそれに釣られてしまったようだ。その踏み跡は人間かどうかはわからないが。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マンサクって変わった花ですよね〜。まだ花がほとんどない頃に咲くのでオバちゃま達にも人気がありますよ。

熊の通り道だったら、ちと怖いですね(笑)。
まこ☆にい
2015/04/08 22:09
まこ☆にいさん、こんにちは。
毎度、花の名前を教えて頂き、感謝です。マンサクかなとは思ったのですが、花びらの数が家で女房が生けてあったのより少なくて自信がなかったです。また、動物の足跡も熊と羚羊の区別、足の跡の並びが違うのでわかりそうなものですが、それは羚羊が走った時で、立ち止まってから歩きだすときはどうなのでしょうか。それと足跡の前側の爪やヒズメの跡も見分けにくいです。さすがに糞は分かりますが、大量の黒い奴がまなまなしくあると緊張します。
HITOIKI
2015/04/09 12:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
猿岡山の尾根(平成27年3月29日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる