HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 花の不忘山(平成27年6月14日)

<<   作成日時 : 2015/06/14 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

 山ガクッ部のMさん御夫妻を6月14日の不忘山にお誘いしたのは6月2日だった。 tabi-syashinさんのブログでは5月30日にユキワリコザクラが満開だった。そもそも5月28日にそろそろ不忘山の花は見頃です、と喋ったのが始まりだ。初めてユキワリコザクラを見た2年前は6月9日、去年は6月15日でも沢山咲き残っていた。しかし、今年は2週間くらい季節の巡るのが早い。でも、数輪の桃色の花は山頂の鳥居の傍に枯れかけた花弁を脇に従えて、隠れるように山道の隅に咲いていた。
画像

 濃いピンクの花が1輪咲いていて、カエル岩に向かう山ガールに聞いたら即座にタカネバラと教えてくれた。初めての花に気を良くして、山頂から降れば咲き残ったユキワリコザクラを見つけられると、奥様と残して鞍部へと下る。可憐なタカネバラが一輪とミヤマオダマキがいつもの場所に咲いていたがユキワリコザクラに出会えたのは登り返して、もう一人の山ガールに駄目元で聞いたお陰だった。その前に、男性数人に聞いても、コザクラは見えなかったよ、の一言。さすが、山ガールだ。
画像

 花の最盛期は過ぎても、なんとか二人を楽しませようと、ノンアルコールビール、ソーセージ、山菜そば、ドリップ珈琲、枝付き干し葡萄に、いつもの塩トマト甘納豆を持参した。水は2500mlにビールは1050mlと肩に食い込むザックの重さのお返しに奥様のご出身の富山のとろろ昆布のおにぎりを頂いた。故郷、金沢を想い出しながら、熱い珈琲を片手に、薄曇りの展望を楽しんだ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。私のブログが記事に載っていたんで 話を進めるためにコメントします(笑) ご質問の花は花弁の開き具合から…トキソウということで。

今年は記録として遺してきた「花カレンダー」を2週間ほど前倒しして行かないと咲き終わったなんてことになりますね。それにしても今回は嗜好品などだいぶ担ぎ上げましたね。自分の場合・・・リンゴ、夏柑、トマト、漬物、さらに8mm×25mロープを加えます。

とろろ昆布のオニギリ、昔日のおふくろのオニギリを思い出します。。。
tabi-syashin (もときち)
2015/06/15 10:28
あれれ? 質問取り下げてたんですね??? 失礼しました。
自助努力なさったんだ(笑)
tabi-syashin (もときち)
2015/06/15 10:35
tabi-syashin (もときち)さん、こんばんは。
トキソウ、言われればそう思ってきました。トキソウは月山の弥陀ケ原の池塘で見たことがあって、湿原に咲くものだと思っていました。最初に見つけた大きなカメラをもったおじさんに聞いたのですが、やはり男性は花に弱いでした。

花カレンダーは人気の記録になるでしょうね。しかし、花の命は短くて。かなり、ハードルが高そうです。咲き残った花を苦労して探し回る、楽しかったです。その両者の顔はたぶんいずれも元気印だったと思います。嗜好品ではないですが、蚊取り線香も持って来たかった。調理している時、虫除けジェルを付けなかった髪の生え際だけ集中攻撃されました。ロープは、、、これが必要な事態を想定すると、私の山行自体、猛省することとなりました。安易に他人を山に誘うべきではないだろう、と。それはハイキングに停めるべき。それでも、天候や体調、装備状況で撤退を指示する、くらいの責任は持ちたいです。とろろ昆布とおぼろ昆布、幼い時、向かいの昆布屋で買って来たようなかすかな記憶です。
質問は登山部の山ガールが即座に解答して来ました。やはり山ガールは恐るべしです。
HITOIKI
2015/06/15 18:57
女性は、興味の持ち様が繊細なんですよね。対して男性はルートの安全やら気象の変化などを見透かすのに適していますから、お互いの協力で安全で楽しく登山できるんじゃないですか? 僕は毎回登るたびに花を二つほど覚えてきました。今は思い出せなくて困っています(笑) そんな時に女性がいると助かりますね。

弥陀ヶ原のオゼコウホネは7月には水中に黄色の花を咲かせるのでしょうかね? 200mm以上のレンズ持参で・・・重いんですが、池塘の岸辺まで立ち入りができないので重さはガマンです(笑)
tabi-syashin (もときち)
2015/06/15 19:33
tabi-syashin (もときち)さん、こんばんは。
2年前の7月7日にオゼコウホネを求めて霧の弥陀ヶ原を彷徨いましたが、見つけられませんでした。そんなで、去年の7月10日に山形市内の野草園で念願のオゼコウホネを目の当たりにすることが出来ました。その時は目の前1m以内でした。梅雨の所在ない一日の思い出です。
HITOIKI
2015/06/15 20:10
不忘山にトキソウ咲いているんですか?
びっくりしたな〜
初めて知りました。
しかし、おいしそうな昼食ですね〜
羨ましいです。
トシヒコ
2015/06/16 05:03
トシヒコさん、こんばんは。
ユキワリコザクラやハクサンイチゲは盛りを過ぎていましたが、季節が巡るとまた様々な花に出会えますね。山の楽しみ方、歩くことから食べることに変わりつつあります。
HITOIKI
2015/06/16 19:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花の不忘山(平成27年6月14日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる