HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 登山部の哲学

<<   作成日時 : 2015/07/01 08:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

 最近では単独で登るより、複数で登る機会が増えている。その理由はこのブログでも書いているから、あえて繰り返すこともないようなものだけれど、登山部について考えてみた。このブロブでアップしている登山部のことである。今のところは職場のつながりの活動であるが、職場から認定させているわけでないし、部費や部会もない。でも、どんな団体にも、その哲学がなければ唯の烏合の衆だとブログ仲間であり、山の大先輩であるもときちさんから学んだ。
 それなら、我が登山部に哲学はあるのだろうか。少なくても何度か一緒に登った部員達に共通する哲学を私は知らない。それが山岳会ならあり得ないことだろうが。たかが部活動だが、会が継続し続けるにはミッションなり、定款のようなものは必要だろう。
 今は部の活動は主にラインで動いている。とても便利だ。連絡事項とか、写真の閲覧とか。でも、顔を突き合わせての話し合いの場はない。それなら、このブログでまず主催者である私の哲学をぶち上げてみようか。
 登山レベルの違う部員達の最大公約数的な山行を繰り返し、市民登山の理想像を追求したい。そんなところだろうか。
 登山ブームになって久しいが、山岳会の経験のない自分でも、市民登山のマナーのなさを嘆くことがある。それをブログでどうのと嘆いても仕方がない。行動すべきだ。現場で主張しよう。
 市民登山の理想像をもっと具体化するとすれば「山形日和」の応援というところか。「山形日和」とは山形県の観光キャンペーであるが、最上川、月山などの山、果樹、蕎麦、温泉、酒など。県知事から率先してアピールしている。その中で、山をいかに楽しむか。その理想的な姿をアピールできる我が登山部。どうであろか。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほどね〜
どちらかというと、私も山形日和的な感覚ですね。
私のブログを見て頂き、ひとりでも多くの方に山の楽しみを知って頂ければと思ってアップしています。
 特に、登山口を分り易くアップしたいとはいつも思ってやっているんですが・・・
なんたって、文才が無いので写真が多くなってしまいますが・・・。
トシヒコ
2015/07/01 08:39
「哲学がなければ唯の烏合の衆」っていうのは正にその通りだと。大学のサークルも結局「その哲学」を共有できてない人とは長続きしないもんだと感じました。万事に通じますね。

2015/07/01 16:39
トシヒコさん、こんばんは。
僕も気持ちは同じです。独り占めしてもしょうがないですものね。山形日和ならば山だけでなく、いろんな風景を写真にしてみないと、と張り切ってしまいます。
HITOIKI
2015/07/01 19:51
藍さん、こんばんは。
山に対する想いはいろいろあって、その違う想いがぶつかったり、解け合ったりして、哲学も深まっていけばいいと思っています。
HITOIKI
2015/07/01 20:05
こちらの文中に出てくる「山形の酒」には敬服しております。特に米もうまい、水も美味しい庄内のお酒はおいしい。

昔から栄えた土地というのは酒がキリッとしています。本間様が召し上がる馳走に合う酒となりますと雑味のない端麗な酒が主なんでしょうね。逆に秋田の酒が甘いというのは、酒肴がショッパイからだと私は思っております。

山形県産酒は酒造りの方向性が出ていますね。酒造りも勘頼りからデータ中心の温度管理が前面に出るようになりました。そこに現代の酒造り哲学があるんですね(笑)
tabi-syashin (もときち)
2015/07/01 21:21
tabi-syashin (もときち)さん、こんばんは。
山形の酒、冷やでも熱燗でも、いただいています。特に蕎麦屋での酒は格別です。庄内初孫、最上最上川、村山男山、置賜米鶴。安くても美味しいです。
HITOIKI
2015/07/02 20:04
蕎麦屋さんで燗酒を付けるというのはよほどの蕎麦好きですね。僕も車でないときにはモリ1枚に燗酒を注文します。蕎麦が来る前に呑み切る酒ですが とてもいい。

僕のお薦めは 以前は遊佐の東北泉ですね。鶴岡の大山、酒田の上喜元、羽黒町の竹の露酒造「白露垂珠」でしょうか?
tabi-syashin (もときち)
2015/07/02 22:41
tabi-syashin (もときち)さん、こんばんは。
僕の家は西蔵王丘陵の裾野にあるので、厳冬期の山遊びには自宅から西蔵王の蕎麦屋によく行きます。大山桜の男山、竜山の十四代、三百坊の出羽桜。どれも美味かった。帰りは自宅そばの臥龍温泉で暖まる。これも山形日和です。
HITOIKI
2015/07/03 21:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
登山部の哲学 HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる