HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 避難小屋の山ごはん(平成27年7月11日)

<<   作成日時 : 2015/07/18 17:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 稜線に出ると、成る程、風が強い。二人とも腹の虫が騒ぎ出したので避難小屋に入った。コツコツとノックをするような音が聞こえて来るが、ドアの前には人の気配はない。風のシワザだろうが、昼食の火が揺れることはなかった。そこへ訪問者が。黄色のヘルメットには宮城県と書いてあるよ、と連れに話して去って行った。青空の下で握り飯でも食べるのだろうか。私たちは「スパゲッティ100gに水220cc」とのネット情報どおりに、自宅で計量した半分に割ったスパゲッティ200gを飯ごうから取り出して、440ccの水を入れたジェットボトルが沸騰するのを待っていた。蓋を開けると湯気で指を火傷した。紅茶を入れる時に出したオシボリを取り出して冷やしたら、痛みもすぐ和らいだが調理は娘に任した。スパゲッティが茹で上がる頃にはネット情報どおり茹で汁は少しだけになっていた。一旦火を消してフライパンにオリーブオイルを引いて、袋詰めのスライスしたニンニクと唐辛子を炒めてから、茹で汁を注ぐとアッと言う間に火が上がってニンニクは真っ黒になった。その黒焦げを取り除いて、二つのお椀に分けられたパスタに注いだ。それから、フライパンにもう一度たっぷりオリーブオイルを引いて二つに切っておいたソーセージを炒めた。それから塩をかけて盛り付けられたスパゲッティの上に乗せて出来上り。麺はさすがにちょうどよく茹であがっていて、先週の芯のある飯ごう飯より美味かった。今度はトマトソースでもと、と喋りながら舌鼓を打って、沢庵と凍らせたペットボトルで冷やしたトマトにも手を出した。最後は紅茶のためにジェットボトルを綺麗にしようと水を加えて、沸かして卵スープをいただく。真夏でも山頂の避難小屋は涼しくてスープで温まった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本格的な山小屋料理ですね〜
こういうの憧れるんですが、いまだ実現していません・・・
いかにも山人間といった感じでいいですね〜
トシヒコ
2015/07/19 05:31
トシヒコさん、こんにちは。
今は家では、まったく料理はしませんが、以前に単身赴任していたときはご飯を炊いてみそ汁作ってました。ザックが重くて長くは歩けませんが、これも山の楽しみです。飯ごう飯が美味く炊けるように練習中です。
HITOIKI
2015/07/19 11:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
避難小屋の山ごはん(平成27年7月11日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる