HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 100万ドルの満天星

<<   作成日時 : 2015/07/01 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 100万ドルの満天星(ドウダン)の命名の由来を知り合いから教わった。それは山形県村山山岳会の齋藤弘治会長が昭和30年代に仲間と登山の折に全国的に有名だった函館、神戸、長崎の夜景に右ナラエ?しての命名だったそうだ。市民登山で登る毎、みんなに100万ドルと宣伝したのがいつの間にか地図上でも認知された。また、以前は満天星の元気がなくなり、平成4年頃から丸6年、腐葉土を運んで根元に運ぶ(一人一袋運動)を続けたそうだ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり そうでしたか、通りでネーミングが戦後間もない昭和的なにおいがしたんですね(笑) 1ドル360円ものレートでしたから その時代は。

先日、こちらのブログを見て出かけた折に、花つきが少なめだったのですが、、、心配の種は以前から続いていたのですね。20m隣のドウダンは花も葉も枝も繁茂してましたけど・・・。

どういうわけなんでしょうかね???また疑問符ですが スミマセン。。。
tabi-syashin (もときち)
2015/07/01 22:13
そんなことが有ったんですね〜
初めて知りました。
最近は、柵が設けられ根っこを保護していますからね〜
保存会の方々にはほんと頭が下がりますね〜
トシヒコ
2015/07/02 05:52
tabi-syashin (もときち)さん、こんばんは。
平成10年6月12日の山形新聞も知り合いからいただきました。そのなかで、村山山岳会は村山営林署の協力を得て、登山道にある根元が踏まれやすく根が一部むき出しになり、日差しが当たらなかったところを、周辺の枝を刈り払って日差しを入れ、根を踏まないよう道を一部付け替えたそうです。それも17年前の出来事。また、樹勢回復のケアが必要なのでしょうか。
HITOIKI
2015/07/02 20:15
トシヒコさん、こんばんは。
樹齢三百年の満天星を私達の代で枯らすわけにはいきません。みんなで大切にしたいですね。
HITOIKI
2015/07/02 20:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
100万ドルの満天星 HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる