HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 蔵王山田の棚田と西蔵王の沼(平成27年9月26日)

<<   作成日時 : 2015/09/26 22:39   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

 紅葉の秋は実りの秋でもある。自宅近くの刈り取りの始まった棚田を見に行った。何かとたくさん詰め込んだザックを担いで玄関を出る。墓苑まで住宅の裏庭をショートカットしてゴルフ練習場までひと登り。花公園の廃墟をぬけると、その駐車場には太陽光発電の施設が建設されようとしていた。車道に出て休耕田をまたショートカットすると山田天文台が黄金色の田とコスモスの向こうに見えてきた。
画像

 棚田は下のほうから刈り取りが始まっていて、間近にその稲田を見ようと畦道(あぜみち)に降りる。棚田のテッペンには川を渡らなければいけなくて、ぬかるみながら車道に戻った。地元の女性が田の様子を見るためか長靴で歩いていた。かなりの健脚だった。ようやく棚田を見下ろす高みに立つと「蔵王山田の棚田」と目新しい柱が立っていた。誰もいない。今頃は月山や大朝日岳は観光地なみの人出だろう。静かな里山が僕を包んでくれる。
画像

 展望台の周りには幾つかの沼があって、古竜湖での山ごはんの前に沼巡り。新沼はすぐわかったが破沼はGPSを使っても辿りつけない。藪と谷に挟めれいるようで、薄暗い森に入り込み方角を失いかけた。それは宿題としてタテ沼に向かうが、四方を上には鉄条網まである金網で囲まれていて、一周したが藪を漕ぐだけだった。この近辺は大山桜の植林がされているようで、来春に来訪したい。古竜湖には虫取り竿を持った幼児(おさなご)が若いお父さんと湖畔ではしゃいでいた。バンガロウの脇を抜けて湖畔を半周すると山ごはんに良さそうな草はらがあった。むこうで子供が虫取り竿を振っていた。もう歩き出して3時間になろうとしていた。
画像

 シートを敷いて、まずスパゲティーを茹でてレトルトのアラビアータとウインナーを流し込む。数分煮詰めて出来上がり。パセリと粉チーズを別盛りに振りかけた。茹で上がる前にはキリンは2本目に。それから、仙台の利休の牛タンの缶詰を開けてフライパンに開けて水を少し足して温めてハイボールを頂く。湖面を見ながら古井由吉の眉雨を読む。横になると雨雲の隙間に青空が見えてその雲との間にはすじ雲が駆け足で流れて見えた。湖畔での2時間が過ぎるともう5時を大きく回ってしまった。写メを家族に送って帰路に立とう。
画像

林道成沢線・蔵王高原ラインを経て西蔵王公園・野草園への標識を進むと薄暗い林道となった。ショートカットして二ッ沼に躍り出た。思い出の沼だ。新雪を足を引きずりながら歩いた。半周して車道下の水路脇を進む。もうとっぷりと日は暮れて三本木沼の別荘の明かりがあたたかい。酔ざめはすこし覚束なくて流れに吸い込まれそうになる。そうこうしていると野草園前の車道で出た。道を歩く人はいない。三本木沼から二回目のメールを送ると家から気をつけてと返事が来た。
画像

西蔵王公園南駐車場から公園に入る。ここでヘッドライトを点けた。後ろから車がゆっくりと追い抜いて行く。テレビ塔の赤い光が道しるべ。公園ではトイレ脇に街灯が元気づけてくれる。それでこの前に登った神尾古道に分け入る。クマよけにホイッスルをピー・ピー・ピッピッピッと鳴らして下った。僕が首を回すところだけが光の帯になって行く。街の明かりが眼下に見えて心休まる。
画像

神尾古道は分岐になって何方に下るかと足を止める。道幅に広い方を選んで正解。悠創の丘に着いた。ここまでくれば後は夜景を眺めて歩くだけだ。振り返れば月光が雲を抜けて足元を照らす。最後の写メを送るが返事はなかった。だんだん街の灯は明るくなると気ままな山行は終わりを告げる。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お邪魔します。このような表現が良いのかどうかわかりませんが、HITOIKIさんの時間の使い方に焦りや急ぎが感じられず、羨ましく思います。私は口ではのんびりとか言ってる割りに時間と格闘してることが多いので余裕も無く、結果、無駄に時間を過ごす事も多くなります。でも、HITOIKIBlogを拝見することで改善のちょっとしたヒントを見つけた気がしますので、心掛けてみようと思います。
それから、こちらも私事ですが、南雁戸で教えて頂いた通りに、幸治郎沢を下り千畳ヶ原へ行って参りました。私にはあれ(幸治郎沢)とあざみ坂を両方一日で登るのは不可能だと感じました。的確なアドバイス感謝いたします。本当にありがとうございました。
追い風
2015/09/27 04:42
追い風さん、こんばんは。
登山といっても所詮趣味の一部なので大それたことはないのですが、人生を楽しむ薬味のようなものではありますね。その取り組みからはひと様々でいいと思うので、時間と格闘するのも楽しめばいいようにも思います。それに時間を無駄にできるのが若さの証明でもあるので、身体さえ許せば気にすることもないように思います。
鳥海山は良かったですか。ぼくもまた行きたくなりました。
HITOIKI
2015/09/27 12:48
これは綺麗な棚田ですね〜
すっかり棚田のこと忘れていました。
短時間で見られる場所としては最高ですね。
間もなくこの風景もおしまいですからね・・・。
トシヒコ
2015/10/01 08:15
トシヒコさん、こんばんは。
黄金色の田を見るのが以前から好きでした。富神山からの山形の実りも見てみたいです。ちょっと忙しくなって、遠出できないようでも、散歩で満足してます。
HITOIKI
2015/10/01 18:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蔵王山田の棚田と西蔵王の沼(平成27年9月26日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる