HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 双月の里山(平成27年11月8日)

<<   作成日時 : 2015/11/08 20:43   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

 里山まで紅葉は落ちてきて、深まる秋の川辺から仰ぐと、雨粒の向こうに秋霞を纏った錦がぼんやりと見えた。馬見ヶ崎プールの駐車場から歩くと鳥居にカモシカがこちらを見つめている。一瞬、置物のように見えるほど、ピクリともしない。近寄るとゆっくり、里山に戻って行った。舗装された坂道を登り、盃山を左に見て、双月の丘に下る。プールから10分もしない内に静かな里山に分け入った。一旦、公園に出るが、沼の辺までは色づく雑木林の小径だった。東側に稜線が見えた。沼には釣り人が湖畔を囲んでいた。邪魔しないようにUターンして尾根に取り付いた。往路と合わさったところで、残る踏み跡が自分のものと思い込んで、いつの間にか東に逸れて高速のトンネル口を眼下にしていた。それでも登山道らしき踏み跡はしっかりしてしていて、このまま行けば炭沢山まで誘われそうだ。どこかで南下しなければと思いながら進むと、次第にあたりは暗くなって、雑木林から植林された杉林となった。稜線が見えて来て登り詰めようとするとロープが張ってあることに後から振り向いたら気付いた。そこを越えると林道に出た。林道にはピンクテープもあって、最初は南へと導いてくれたがだんだんと轍(わだち)も怪しくなってきた。左(南)に下る坂を見送って林道を行くと突然、行き止まりになった。藪に分け入ろうか、と悩んだが戻った。南に下る坂を進むと鉄塔があった。やれやれと思うと急坂になって道を暫し失った。急坂なら九十九折になっているはずだ、と落ち着いて歩きやすいところを下ると階段があった。加えて橋まで掛かっていて、知らぬは私ばかりかな。2度目の鉄塔を潜ると車の音も聞こえ出し、支尾根を越えると急に開けて来て、見慣れた雁戸山のギザギザが見えた。でも、高速道路の向こうの雲の帯から頭を覗かせた稜線は奥深い山脈のようだった。
画像

画像
 
 緊張が緩んで空腹と寒さを覚えた。ここまで秋雨の中を歩いたが凌げるようなところもなかった。高速道路を潜るガード下は暗く寂しい。車道も朽ち果てて、仕方なく小川を渡ると、鴫が二羽、羽ばたいて行った。
画像

 このまま駐車地点まで歩くかと諦めかけた時に雨があがって、いつもは芋煮会で賑わう川辺の河川敷に出た。ザックを降ろしシートを広げ、ジェットボイルで湯が沸くまで葱を椀の蓋の上で刻んだ。湯の中に葱を入れてインスタントラーメンを2つに割ってそれも入れた。1分くらいでジェットボイルが吹きこぼれる前に火を止めて、蓋をして2分くらい待った。それから蓋を開けて、火を点けて箸でかき回して、吹きこぼれる前に火を消した。スープを入れてまたかき回してから、胡椒と刻んだ唐辛子をかけて出来上がり。冷え切ったからだに滲みるが熱すぎて、椀に移すとちょうどよかった。最後の一滴まで頂いてから、椀に入れていた柿の皮を剥いて、椀の蓋の上で4つに割った。締めは珈琲を沸かそう。湯を250ccくらい沸かして、火を止めてから、粗挽きに引いた珈琲豆を適量入れてから1分くらい待ってコーヒープレスを押し込んで、蓋の注ぎ口からカップに注ぐ。しかし、珈琲の粉も混じってしまった。コーヒープレスの脇から溢れるようだ。しかたなく、カップの珈琲をジェットボイルに戻して水を足してやり直し。今度はコーヒープレスを取り出して、その網で濾すとうまくいった。ジェットボイルやコーヒープレスに残った珈琲の粉を近くの水道で洗った。山では使えないな。やっぱりドリップが良さそうだ。
画像

写真集はこちらからどうぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
里山の紅葉が本当にきれいな季節になりましたね。
先週は、雲海の上に冠雪の月山と澄み切った青空、足元の紅葉と
この季節ならではのコントラストでした。
雨の里山もしっとりとしていい風景ですね。
秋の空の下で食べるラーメンもおいしそうです。

私は、雨の降らなかった土曜日に大岡山を歩いてきました。
大岡山を愛してやまない方のお仕事なのでしょう。
歩きやすいように整備され、とても楽しい道標があちらこちらにありました(^^♪
里山バンザイ ヽ(^。^)ノ
KOMOREBI
2015/11/09 21:24
KOMOREBIさん、こんにちは。
休日の天候を考えて、歩きたい所に悩みます。その日は、朝、車窓から千歳山から盃山辺りが雲に包まれて幻想的な印象があり、雨でしたが歩いてみたくなりました。
HITOIKI
2015/11/10 12:21
写真多く載せられるんですね〜
一枚で終わりなのかと思っていました。
多いと情景が分かりやすいですね。

里山のんびり散策
いいですね〜
トシヒコ
2015/11/11 19:49
トシヒコさん、こんばんは。
もし、よかかったら、
https://www.flickr.com/photos/hitoiki/sets/
にも写真がありますので、見てみて下さい。
写真と感想文とまとめてブログにしてみます。
HITOIKI
2015/11/12 00:42
11月に入ってから、濃い霧、山の中腹に雲がかかっている、朝の寒々とした風景が日常となりました。北海道、青森と移ってきて、山形の秋の原風景?を堪能させてもらっております。気候にやられてか、喉の痛みがなかなか取れません。
山形1年目
2015/11/14 21:30
山形1年目さん、こんばんは。
僕は18歳からこの山形に移り住んでいますが、時々の旅先の山容を眺めては、時間があれば登ってみたいものだと思っています。喉、ご自愛くださいませ。
HITOIKI
2015/11/14 23:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
双月の里山(平成27年11月8日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる