HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 大平山(平成27年12月6日)

<<   作成日時 : 2015/12/06 20:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

 山形市から車で南に向かうと東側には蔵王の裾となる上山葉山と西側には大平山が見える。西側は富神山より南方向は未踏だった。車なら10分もしないで山頂に立てる大平山であるが、地形図にある東南にはしる徒歩道から登ってみよう。昨夜は葉山温泉で忘年会だった。ゆっくりと1年の疲れをとってから、登山口の下見をした。徒歩道までの車道には雪はなかった。一旦帰宅して、昼過ぎに家を出た。この季節は日没は早い。4時には下山を終えたい。徒歩道手前50メートルくらいに広い駐車スペースがあった。徒歩道へは1時半過ぎになってしまった。地図では標高350メートルくらい、大平山山頂は714.5メートルで、標高差は350メートル。ピストンして、4時には戻れるだろう。徒歩道を歩くとすぐに倒木があって、その下を這った。枯葉に新雪が薄っすらと積もっているが、最近になって歩いた形跡はなかった。小川を渡るとピンクテープがあって、そのままトラバースしていくと、車が投棄されていた。そこから道は藪となり、しばらく漕いで階段状の山肌を登るが藪はさらに濃くなった。しかたなくGPSを出すと、徒歩道から東にそれていた。地図も見ると、徒歩道は沢に切れていた。ピンクテープに騙されたようだ。GPSを頼りに徒歩道に向かう。沢に下ってしばらく水の音を聞きながら登る。迷ったためにもう2時を回っていた。現在地の標高はまだ400メートルとGPSで知った。標高差300メートルを1時間で、この新雪の滑りやすい沢を倒木と藪に悩みながら、ツボ足で行けるだろうか。3時をタイムリミットとして行けるところまでと決めた。まだ標高差150メートルを残すところで、車道が徒歩道の近くにあることをGPSが教えてくれた。帰りは車道で下ればいいと決めると余裕が出てきた。徒歩道が右に折れるところで地形図は途切れていて、山頂までの方角をGPSで確認すると、ほぼ北の方角だった。方位磁石を忘れたので、GPSのスケールを細かくして、軌跡が北に向かっていることを確認すると、左手に地平線に近い太陽が見えた。なるべくまっすぐに登ることにする。ちょうど3時に山頂の祠が見えた。錆びた展望台に登ると番城山から蔵王までが一望できた。その北側の稜線の雲の切れ間は白銀に光って見えた。
画像

 時間があれば、ここで餅を焼いて、山ごはんにする予定だったが、それもならず、林檎を齧って、日没を追いかける。徒歩道を北に下りと車道に出た。トイレがあった。車道を下ると往復した足跡があった。帰りの車道は長く1時間以上はかかったが、新雪に隠れた笹藪の沢筋で足を滑らせることを思えば、仕方がない。少し体が冷えかかった頃に駐車地点に着いた。靴の中はすっかり濡れてしまった。
 写真集はこちらからどうぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。吹奏楽の練習でよく上山に行くので、大平山は気になっておりました。私もそのうち行ってみます。雪のシーズンは三吉山から葉山をゆっくり歩いています。
うるし
2015/12/08 22:47
うるしさん、こんばんは。
今回往路は地形図では破線ではありますが、倒木が多く沢を登るので雪が積もるとかなり歩きにくいかと思います。帰りに使った林道はきついラッセルさせ苦にしなければなんとかなるかもしれません。
HITOIKI
2015/12/08 23:16
山頂の展望台はまだ登れるんですね〜
数年前行った時は、足場が抜けていた所が有ったので、積雪時はちょっとおっかないかな・・・・
 と思ってきました。

でも、展望はいいですよね〜
トシヒコ
2015/12/11 06:52
トシヒコさん、こんばんは。
展望台には雪が積もってしまっていたので、足下がどうだったかはわからなかったですが、展望は良かったです。その奥の黒森にも登ってみたいと思ってます。トシヒコさんは黒森に登ったことありますか。
HITOIKI
2015/12/11 23:18
大平山に登られたのですね。自分が登ったコースと同じだと思いますが、自分は雪の上を歩いたので、ヤブの具合は判りませんでした。2013.2.3のブログを見ていただければ幸いです。http://je7snv.at.webry.info/201302/article_1.html 
黒森山には、西側の赤山集落から登りました。2014.2.2http://je7snv.at.webry.info/201402/article_1.html 25000地図には、上山市狸森の新屋敷から黒森山の西側を通る破線の道があり、これが昔は黒森峠と呼ばれていたようです。この道をたどって登ってみたいと考えています。よろしければご一緒しましょうか。 
je7snv
2015/12/26 20:34
je7snvさん、こんばんは。
ご一緒できるなんて、光栄です。当ブログかヤマレコに メッセージいただければ、日程調整できると思います。ヤマレコもHITOIKIです(ご存知ですね)。宜しくお願い申し上げます。
HITOIKI
2015/12/26 23:38
12月26日にメールした黒森山の件ですが、2月11日(木)はいかがですか?
 7:30長谷堂城址公園駐車場集合、狸森の元屋敷に車を置いて往復。と考えています。 
また、当日都合がつかない場合の第2案としては、2月21日(日)も大丈夫です。
当方のブログに返信していただけたらありがたいです。
je7snv
2016/02/04 20:27
je7snvさん、こんばんは。
2月11日(木)でよろしくお願いします。駐車場で待っています。(http://je7snv.at.webry.info/201402/article_1.htmlに返信しておきました。)
HITOIKI
2016/02/05 20:10
11日は天気もよさそうで楽しみにしています。自分は、年齢のこともありHITOIKIさんに付いていけるか心配しています。距離も短いのでのんびり行きましょう。昼までで終わるかもしれませんが昼食は持っていきましょう。
足ごしらえはスノーシューでアイゼンは不要と思います。
je7snv
2016/02/09 21:08
je7snvさん、こんばんは。
夕方は雪が舞っていましたが、明日晴れることを期待して集合します。よろしく、お願い申し上げます。ワカン持って行きます。
HITOIKI
2016/02/10 18:31
12月5日 HITOIKIさんと同じコース行ってきました。
大変参考になりました。
HITOIKIさんの情報がなければ登山口は解らなかったと思います。

このコースは歩く人は年間何人いるんでしょうかね・・・・
トシヒコ
2016/12/05 15:10
トシヒコさん、こんばんは。
山形からははっきりと見える山なのでもっと人気があってもいいと思いますが、東のほうからは登れないでしょうかね。
HITOIKI
2016/12/07 20:41
末広滝の西から100mほど虚空蔵山の登山道に入った所から402mピークに行く
道が有って、しっかりした道跡が有るんですが、402mピークからは藪になっているとの情報が有りました。
 ただ、経塚山駐車場の看板に、山本地区に行く県道をさらに西に進んだ所から入る点線が書いてあるんですが、そちらからはどうなんでしょうかね・・・・
 他分、藪でしょうね〜
 いずれにしても、葉っぱが無い時期に歩いてみたいですね。


トシヒコ
2016/12/10 12:27
トシヒコさん、こんばんは。
今年の積雪はどうでしょうかね。雪かきを考えると少ないほうがいいですねど、山のことを思うと葉っぱははやく消えて欲しいですね。まあ贅沢というものですが。
HITOIKI
2016/12/13 21:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大平山(平成27年12月6日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる