HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 三百坊から瀧山北尾根を漕ぐ(平成27年12月29日)

<<   作成日時 : 2015/12/29 22:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

 今年の登り納めは数年来の懸案だった北尾根から瀧山に登った。3年前の3月に山の師匠のSさんと初心者のAさんとで瀧山北尾根のP1275から登頂した。その際にP1275から北に続く稜線を歩いてみたいものだと思った。まさしく龍の背中を歩く。残雪期に長峰コースの折り返し地点からは登れますよ、とロッジ三百坊のマスターからは伺っていたが、出来れば尻尾の方から登りたい。しかし、今年の雪不足を考え、三百坊の鳥居から稜線に取り付くことにした。鳥居前の広場脇の小川を渡渉し、林を歩くと、また細い川があり、そこも渡ると、沼の南側の尾根に取り付く。高度を上げると鉄塔や沼が見えた。作業道らしき道が稜線の下にトラバースして走っていたが、稜線を外しそうなので左に曲がって尾根に乗り上げた。760mのところで北の稜線に誘われそうになったが、引き帰して浅い谷を下ると、東北東に伸びる稜線に取り付いた。しばらくすると平坦になって、第1の目標であるP928を目指して真東を直登した。稜線に織り上げると樹林に雪が積もって網目の様だったが、まだ、漕ぐ程ではなく、P928に着いた。ここから、長峰コースの折り返しまでは作業道のようで歩きやすかった。折り返しは旗で登録したが、地図のルートをわずかにずれていた。(ハプニングでカメラを失くしてしまい、不本意ながらGPSの軌跡をアップする)。
画像

 長峰コース折り返しから尾根に取り付く。次の目標はP1119だ。霧氷が綺麗だった。積雪もひざ下くらいで、まだ藪こぎというほどでもなかった。P1119を過ぎて、1220mから南北の伸びる稜線に乗り上げるが、積雪が多くなったためか、木が大きくしなって、その枝の上を木登りする猿のように歩いた。少しずつ体力が取られていく。
画像

次はP1275が目標だ。以前は3月で積雪もあり、雪も締まっていたが、ここからが正念場だった。P1275は展望はなかった。ここからは下るが方向を間違えると大変なことになる。方位磁石で真南に下るとガスの向こうに稜線が見えた。鞍部から前滝コース分岐までは登りで藪は漕ぐが、左右に避けられるのでなんとかなった。分岐のある傾斜のない稜線でハプニングが起こった。ここを最後に撮影ともおさらば。
画像

稜線は足の踏み場もなく、ワカンに付けたアイゼンが蔓に絡まり、ストックの輪も引っかかって、悪戦苦闘した。稜線を右に逸れると藪のない雪面があって、ついつい誘われた。その雪面も谷に下るばかりで、また稜線に登り返すが、ストックを落としてしまう。戻って取り返し、ストックをザックに結わえた。それで、両手が効くのを喜んだ、ストックの先が枝に絡まって、足元の蔦と相まって身動きができなくなった。ザックを降ろして逃れたが、その時、ザックの腰ベルトに通しておいたバックを落としてしまった。すぐに気がついたが、中のカメラがあったかどうかわからない。行く手は網に絡まれて、前滝分岐を目前にして方向まで失った。山頂は南の方だがGPSの分岐を目指して東に向いていた。しかし、東は沢の方で、いやな気がした。方位磁石で南に進路をとる。GPSより地図と方位磁石を信用した。やはり、数メートルで前滝からのコースに出た。踏み跡もあり、目指す山頂をカメラにと思った時に、無くしたことに気づいた。2時15分前だった折り返して探すには時間と体力がなかった。山頂までの登りは限界に達してしまった。今日は軽めのザックにしたのに(これがカメラ紛失の遠因)肩から背中が苦しくなった。
画像

あと800メートルが長かった。山頂は誰もいなかった。疲れた体にはなにも欲しくはなかった。最初の渡渉後の登りでペットボトルを落としてからは、雪を舐めていた。それでも、神社の脇でラーメンに、もやしを入れて温まった。上着も凍りついて、なかにフリースを着た。ネックウォーマの先は凍りついて氷柱が出来ている。ストックを伸ばそうとしたが片方は握力がなくてだめだった。それでも、辛味噌で芯は温まって、足元もしっかりしてきた。天候の改善も望めず、帰路も気を抜けない。踏み跡を辿って下ったが、アイゼンの先が木の根に絡まりそうになった。カメラを探しに明日に山頂まで行くか、迷いながら牧場を横切った。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。カメラはOLYMPUSの方でしょうか。残念ですね…。なにかいつもと少し違うことをするとそれが原因で失敗したりすること、ありますよね。登山に限らず…。カメラ探しに再度アタックされる際はお気を付けて。
うるし
2015/12/30 20:15
うるしさん、こんばんは。
できれば、一泊できるくらいのザックを担いで藪こぎしたいのですが、気の迷いがでてしまいました。この際、カメラは捨てて、山頂でのスマホの1枚にしてしまったほうがいいように思ってます。
HITOIKI
2015/12/30 23:06
いや〜
もったいないことしましたね・・・・・
今日あたり、また山に向かっておられるんでしょうか?
カメラって本当に大事ですよね〜

しかし、この尾根私も歩いて見たかったんです。
鳥居の所から歩くんですね。
大変参考になりました。

でも、私が行くのであれば残雪期かな〜
体力に自信が無いもんで・・。
トシヒコ
2016/01/01 21:21
トシヒコさん、明けましておめでとうございます。
本当にもったいないことをしました。あの時は、ペットボトルやハンカチをなくし、GPSを落とし(戻って取り戻しましたが)たりと、散々でした。正月は仕事でした。これから天気が良ければすこし行きたいですね。トシヒコさん、体力に自信がないって本当ですか。そんなことはないと思いますが。僕は酒を減らしてみようかと思ってます。今年もよろしくお願い申し上げます。
HITOIKI
2016/01/02 12:37
おぉ!ついに登られましたね!俺も近々って思ってたところです。
長峰コース途中から取り付く気でいましたけど、真似しちゃおうかと…
そのときはカメラ探してみますね〜
すばるぅ
2016/01/03 14:47
すばるぅさん、こんにちは。
カメラ無くして残念でしたが、念願のコースを歩けたのでまあ満足です。正月は家族とだらだらしてました。瀧山にはまだまだ、未踏の尾根があるので、冬場のトレーニングにしたいと思ってます。カメラ見つかったら、教えてもらうと嬉しいです。
HITOIKI
2016/01/03 15:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三百坊から瀧山北尾根を漕ぐ(平成27年12月29日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる