HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 厳冬の三本木沼湖畔にて(平成28年1月23日)

<<   作成日時 : 2016/01/23 22:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 この一週間でまとまった雪が降った。それで、潅木も埋まった尾根伝いに二つ森山へと地図とにらめっこしていたが、そのせいか、寝坊してしまった。昨夜の晩酌の名残もこたえて、今日も西蔵王へと向かう。自宅から山形霊園の坂を登り、汗が噴き出た。ゴルフ練習場は冬季閉鎖。花夢花夢は廃墟になりつつあって、その駐車場は太陽光発電のパネルが並ぶ。一旦下ると、氷付いたアスファルトに靴底を取られる。蔵王山田へと続く車道を歩くと成沢林道の分岐となる。ここからは雪道となるがトレースがあった。トレースはすぐに左へと折れたが、林道を進み、去年の宿題になっていた山道に折れた。そこは電柱のある道でしばらくすると、またトレースが合わさった。かなり傾いた電柱もあって、電線が低く垂れていて怖かった。忠実にトレースは電柱を辿っていて、よく見るとその足跡は降って来たようで、そのまま誘われれていくことにした。幸い成沢林道をショートカットしてくれていて、古竜湖への右の分岐を見送って直登すると三本木沼湖畔に出た。湖畔の社脇にテントを設営した。ここからは瀧山が一望できた。設営は30分足らずで完了できた。ザックを中に入れると雪が付いてテントを濡らしていまう。雑巾で拭くが雪を中に入れない工夫が課題だ。砂肝の缶詰を温めて、酒を飲もうかとザックを探すが見つからず。自宅にメールすると、コップに取り分けたまま台所に忘れさられていた。がっかりして餅を焦がしてしまった。つまみにと持ってきたエイヒレを炙って、紅茶を沸かした。一杯を飲んで、残りを水筒に入れた。火を消すと寒くなりテントの中は摂氏5度。残りの水500ccを沸騰させて水筒に入れて湯たんぽにした。古井由吉の「親」を読み始めるが、また、寒くなってきた。それでシュラフを取り出してもぐり込んだ。湯たんぽもなかに入れると下半身は温まった。横になって読書を続けると、本を持った左手が冷たくなった。シュラフをしまって、残った紅茶を温めなおすとテント中が湯気で煙った。紅茶で温まって4時まで「親」を読んだ。それから帰り仕度。テントをザックに仕舞い終えるまでに40分くらいかかった。帰りのパッキングも課題だ。暮れかかった凍った湖面を眺めると、向かいのコテージの屋根下ろしの音が斧を下ろす様に響いて聞こえた。帰りは暗さが増して車道の端を歩くが対向車に気付かれるようにと早めにヘッドライトを灯した。里に戻ると歩道は氷付いて、この日一番の難路になっていた。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
雪原でテントですか〜
実際に雪山でテン泊する前に下準備必要ですね〜
でも、寒いだろうな・・・・・
テントほしいな〜
今年の課題です。
トシヒコ
2016/01/31 20:47
トシヒコさん、こんばんは。
テントが重くて今の自分には西蔵王が限界です。冬の間は寒くてテン泊は無理です。春になったら、まず西蔵王でテン泊したいと思ってます。飯豊にテントを担ぐには、まだまだ体ができてませんね。
HITOIKI
2016/01/31 21:07
またまた・・・
ご謙遜を〜

でも、テント泊での山行夢ですね〜
トシヒコ
2016/02/02 20:01
トシヒコさん、こんばんは。
いえ、謙遜ではないです。ザックが重いと重心が上の方になって、バランスを崩しそうになります。夏は水を担ぎ上げねばならなくて、今以上に大変になると思ってます。
HITOIKI
2016/02/02 21:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
厳冬の三本木沼湖畔にて(平成28年1月23日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる