HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の古竜湖でつや姫を炊く(平成28年1月31日)

<<   作成日時 : 2016/01/31 21:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

 ランタンと飯ごうを詰めて、ワカンとストックもつけると今まで以上にザックは重くなった。先週は成沢林道からトレースに誘われて三本木沼にテントを張ったが、今回は古竜湖を目指すため、九十九折の林道を避けて、林道南側の川の上流から取り付いて南西に伸びる尾根を登った。ザックの重みのためかワカンを履いても膝上までラッセルとなった。すこし登ると所々にピンクテープが見えたが、林道にでたところでカーブミラーの脇にもあった。湖水の畔の瀧山が望まれる所にテントを張る。ザックの雪対策のためにテント用のアンダーシートの脇に別のシートを敷いてザックを下ろした。ポールがわずかに曲がっていた。テントの中に入って、紐を天井に張って、手袋や帽子などを干した。それから、つや姫を炊く。炊き上がるまで、天狗舞をサンマ缶を摘みに冷で飲む。弱火にして焦げの匂いが出るまで待つ。炊き上がると火から下ろして、烏賊を炙ってウイスキーをロックで飲む。蒸れたところで、残りの烏賊をおかずにつや姫を食べる。極上の出来だ。すこし残して、いい気分になった後で湯を沸かして、茶ずけにした。ジェットボトルをしまって、3本ロウソクのランタンに火を付けてみた。テントに吊るしたが天井が熱くなる程ではなかった。残りのウイスキーを飲み干して、枕を膨らまして、横になった。横になると初めてすこし寒さを感じた。このまま眠りたいのを我慢して帰りの用意に取り掛かる。山田の棚田ではとっぷりと日は沈んで、獣の足跡を追った。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
HITOIKIさんは土曜日に行っていたのですね。
またしても、同じ場所に行きました。
私たちは、日曜日の午前中に古竜湖畔周辺をスノーシューでの散策です。
土曜の夜から朝にかけての雪で、テントを張った形跡はすっかり消え、誰もいない静かな湖でした。
雪が降れば大変なことも危険なこともいっぱいですが、それよりもキラキラ光る雪景色を眺められる幸せがあるから、冬は大好きです。
安全第一で雪山(里山)歩きを楽しみたいと思っています。
近いうちにきっとどこかで!
KOMOREBI
2016/02/01 20:06
KOMOREBIさん、こんばんは。
表題が30日と間違ってしまいましたが、31日に行きました。確かにKOMOREBIさん達らしきトレースがありました。午後からは日差しもなく静かな湖畔でした。雪の登りではザックの重みでバランスをとるのに苦労しました。今度は花夢花夢跡の尾根から三本木沼か、横根から西蔵王の北尾根を登ろうかと思ってます。
HITOIKI
2016/02/01 21:01
お〜!
 いよいよ、次回は冬のキャンプ泊まりですね〜
 凄いな〜

 私にはとっても真似の出来ない所ですが、羨ましい限りです。

おいしそうなご飯頂きたいですね〜

ところで、春先残雪の時期に竜山の尾根歩き連れて行って頂けませんか?
トシヒコ
2016/02/02 20:00
トシヒコさん、こんばんは。
2月は泊まりはできません。寒いです。3月になったらと思ってますが、この時期は忙しいのでまだ、未定です。春先残雪の竜山、長峰ルートより上に雪が残っていればいけると思います。その下は作業道になっているので藪漕ぎも楽だと思います。いずれ3月ですね。よろしくお願いします。
HITOIKI
2016/02/02 21:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪の古竜湖でつや姫を炊く(平成28年1月31日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる