HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 大鳥池の一夜

<<   作成日時 : 2016/07/06 21:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 自然の中や山の中で一夜を過ごすこと、それは、それだけでロマンを感じさせるから、どうしても憧れてしまう。この度、大鳥池のキャンプ場でテント泊を経験してみた。テント泊は人生3回目だった。1回目は学生時代に佐渡で。暑かった。それから、今年の西蔵王。車の音が余計だったが、早朝の野鳥の囀りは良かった。それから、今回の大鳥池。危惧していた不眠は、なんとかなった。でも、自然に抱かれて、またのない感動があったかといえば、嘘になる。一つには明日の山行を気にして大人しくしていたことが原因を思う。テントの脇でランプの下で読書をしたり、瞑想に耽ったりの余裕はなかった。でも、今、こうして自分の部屋でブログを書いている場所とそんなに違いはあるのだろうか。
 山行は脱日常を志向する。万人の思いだろうし、僕も同じだ。その感覚で今日まで反復できた。山での一夜はどうだろう。その答えには、まだ経験が欲しい。ただ、一夜を山と共にするような、そんなテント泊をしよう。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お気持ちわかります。私は登山でのテント泊は未経験ですが、昔バイクで遠乗りしたときに何度もやりました。非日常を体験したくてテント泊するのですが、雨で濡れたとか車がうるさいとか場違いな所にテント張ってしまったとか、現実に振り回されて素敵な非日常を感じることは少なかったように思います(笑)。
うるし
2016/07/08 23:33
うるしさん、こんにちは。
期待することが多すぎたかもしれません。日常と違って、手間取ることがあるかなと思ったけれど、水はふんだんにあるし、雨にも降られなかったので、淡々とした一夜でした。経験を重ねて、行きたいと思ってます。
大東岳行けなくてすいません。予定があえば、お願いします。
HITOIKI
2016/07/09 12:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大鳥池の一夜 HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる