HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 月山山頂にて蕎麦を味わう(平成28年7月10日)

<<   作成日時 : 2016/07/10 21:59   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

 月例の仕事はいつもより数10分くらい早く終わった。それから姥沢に直行。今年はまだ月山山頂を踏んでいないが、何度も登った月山だ。花のこの季節はもう飽きるくらい登った。その反復のなかにも何か差異を残したい。草紅葉の季節に四ツ谷川コースを歩いてガスのなか、三途の川のようだね、との夫婦の声を漏れ聞いた。あのイメージは忘れられない。今日は下界は梅雨の中休みのような日照りだが、弓張平を過ぎれば、次第に曇って来て、姥沢からの月山は霧に隠れている。花の木道がガスに曇って、牛首まで天井を登るように続く。それから階段は天界に繋がるように、僕を軽くさせる。それから、山頂では山形の蕎麦を茹でて、初夏を味わう。当然、珈琲も味わう。それを11時からリフト最終時間の16時30分までに完結したい。登りは姥沢小屋跡からの木道を歩く。そんな、イメージで車から降りると雨粒が頬を打った。僕は雨具を来て歩きだすが、木道を歩くと、もう下山者の親子とスライドした。水場で蕎麦と珈琲用の水2500mlを補給する。木道は虫が煩いがハッカ水は忘れた。タオルでかわしながら歩くとガスのなかに潜り込むと虫は居なくなった。風も出て寒くなった。イワイチョウと木道にカメラを向けていると、人影が近づいて来た。思わず何度もシャッターを切った。
 
画像
 
  牛首を越えると下山者は数珠繋ぎになって降りてくる。僕は脇に逸れて、いつもの塩トマト甘納豆で一休みした。最近の山行は食事に気にしているためかザックが重くて、一気には月山でも登れなくなった。息が切れる。鍛冶小屋跡を呼吸を整えると、気をつけてもうすぐですよ、女性から声をもらった。そこからは一段と風が強く、素手だと冷たく感じた。山頂小屋から脇に入って黒百合を探したがだめだった。少し下って休憩場所を探したが、風が強く山ごはんは無理だ。それで三角点まで足を延ばす。北からの風が吹き上げてくるようで神社からの山頂稜線の南下のトラバース道はそれほど風は強くなかった。三角点のある広場まで来ると、岩陰は寒くなく、そこで予定通りに山ごはんとした。下山準備が終わると15時になってしまった。降り始めるとヒナザクラが雨露を貯めて咲いていた。
画像

 時間を忘れてカメラを向けていると幾分、空が明るくなった。これは天気がよくなるぞ、と思わず声が出た。もう一度、三角点まで戻ったが、風は強く、ガスは濃かった。ウスユキソウが揺れていた。もう残された時間は1時間20分もなかった。リフトが止まったらその下を歩くしかない。急いで下った。2回尻餅をついたが、なんとか間に合った。それに木道からのお花畑はやっぱり反復されても飽きない。
画像

写真集はこちらからどうぞ
https://www.flickr.com/photos/hitoiki/albums/72157670777594566

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、人生初月山登山に行って参りました。素晴らしい自然に圧倒された次第です。また一月もすれば、景色も変わるのでしょうか。姥沢からでしたが、またルートを変えて行ってみたいです。
山形2年目
2016/07/15 20:48
山形2年目、こんばんは。
僕も数えてないですが、月山には毎年のように登ってます。今年は念仏が原から登りたいと密かに企んでますが、ご一緒しますか。
HITOIKI
2016/07/16 20:52
是非ご一緒したいです。念仏が原からとは、いわゆる肘折コースのことでしょうか?ロングコースともなれば、綿密に打ち合わせしたく。また御連絡させていただきます。
山形2年目
2016/07/18 08:37
山形2年目さん、おはようございます。
車をデポして肘折から登って姥沢に下る。休みを入れないで12時間の行程です。念仏が原で一泊するか、早朝出発かですね。僕は13時間くらい歩いたのが最長ですが。
HITOIKI
2016/07/18 10:10
自分としてはまさに未知の領域ですね笑 しかし是非とも行ってみたい。自分の子供と千歳山に登って以外、他人と登ったことすらありませんので、新しい世界に誘って頂けるのは大変ありがたく…。近々、お打合せさせてください。
山形2年目
2016/07/18 20:36
山形2年目さん、こんばんは。
それでは、楽しみにしています。
HITOIKI
2016/07/19 18:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
月山山頂にて蕎麦を味わう(平成28年7月10日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる