HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 蔵王ラインから坊平(平成28年7月31日)

<<   作成日時 : 2016/07/31 22:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

 最近のことだが、山形在住の写真家の高山文夫氏から「蔵王花心」という写真集をご本人から直接頂く機会があった。僕の写真を見て、花の名前を書いて展示するようにと写真集を下さった。感激してその日はずっと幸せな気分だった。写真集には撮影の日にちと場所を添えた花の写真が300くらいもあって、蔵王に咲く花のガイドブックとしては最高のものだった。花といえば、月山や鳥海山と思っていたが、蔵王の花々に魅了された。灯台下暗し。もっと近くの高山の登ろう、そう誓いを新たにした。
 今日は蔵王連峰の支尾根にある中丸山までと思ってお昼前に家を出た。坊平からなら、タイムコース往復3時間だから、なんとかなるか。でも、山頂で山ごはんできるスペースがあったかと悩みだして、それなら仙人沢で滝を見ながら山ごはんはどうか。それなら、前から気になっていた蔵王ラインからの登山口を目指す。山はできるだけ麓から登りたい。登山口の林道口には車1台のスペースがあった。歩き出すと12時20分を回っていた。
画像

  タイヤの跡もすぐに途絶えて、轍の間の草は蒼い。それから看板があって、空き地になっているところの手前を右に折れると、階段があった。そこを登ると森の中だった。しっかり刈り払いされていて歩きやすい。虫が寄ってきたので東屋で蚊取り線香をつけた。対岸に岩が剥き出しにそそり立っていた。虫もいなくなって森を一人歩くとクルマユリが咲いていた。咲き出したばかりのようで蕾が一輪あった。
画像

 九十九折の坂になると、森はもっと奥深くなって来た。後で地図をみると仙人沢沿いの通行不能の道の分岐があるはずだが、気ずかなかった。倒木もなく、よく整備されていた。何度か折れ曲がると野営場が見えて来た。ここまで50分くらいだった。野鳥観察小屋でサインをしてから、仙人橋を目指した。登山届けのある分岐を下る。沢に下る道は歩行止めになっていた。橋の中央で立ち止まると竦んだ。
画像

  橋を渡って対岸の急な階段を登りきると、今日初めての登山者に会った。狭いトラバース道を行くとすぐに看板があって、その右の谷側はロープが張ってあった。不動滝には降りれないようだった。自己責任で下るには過去の忌まわしい記録が危うい。ここで折り返すことにした。途中で橋までのルートを聞かれた。僕のコースをを話すとびっくりさせていた。ライザのゲレンデに出てから車道まで戻った。車道から駐車地点を確認したかった。蔵王坊平ライザワールド前のバス停のある広い駐車場を抜けて食堂の脇を歩くとゲレンデで家族が凧揚げをしていた。そこだけが賑やかだった。
画像

ゲレンデ脇から林道に入ると往路に出た。緑が目に染みる。体に染みる。もうここには人の気配はない。野営場には車を従えてサマーベットに横になっている都会人が見える。水道で手と顔を洗って山ごはんにした。今日は初めて卵を持ってきた。それに組み立て式の珈琲ドリップも試してみたい。飯盒でごはんを炊いてベーコンエッグをのせて、それだけで贅沢な気分だ。珈琲は水がカルクくさくでイマイチだった。給水バックは買い換えたい。
画像

 野営場はまったく清潔でよく整備されていて、ぜひテント泊したい。
画像

 帰りに管理人さんに挨拶して、蔵王ラインから登って来たというとこれで3人目だという。管理人さん達で刈り払いされたそうだ。滝まではお勧めしないということだった。アスリートの後ろ姿を追って、トラックコートの脇を下ると畑に出た。そのからは地図上の道は藪になってしまって、迷った末に漕ぎ出ると祠があった。そこから車道にでてからショーカットしようと雑木林を下ったが、車道脇は法面になって金網もあって、最後は2メートル以上を飛び降りた。やっと冒険できた。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
念願かなって良かったですね〜
しかし、午後から中丸山目指そうとは凄いですね〜
私は完全に諦めてしまいますね・・・
見習わなければいけませんね〜

ところで、HITOIKIさんは雁戸山の登山道のうち、笹谷IC東駐車場から先の林道へ入って間もなく左側に入る登山道を登られたと記憶しているんですが、そこの林道からの入り口って解りやすかったんでしたっけ?
 いつか行ってみたいと思っていたのですが、なかなか不安なのと重い腰が上がらないんですよね〜
 HITOIKIさんのブログ見ていたら急に行きたくなってきたもんですから・・・
 よろしくご指導お願いいたします。
トシヒコ
2016/08/02 21:46
トシヒコさん、こんばんは。
トシヒコさんの記事を参考にして登りました。ありがとうございます。
笹谷ICといえば宮城県側ですよね。そこから雁戸山だとすると、笹谷古道から登ったことがあります。高速を笹谷で降りて、旧道を笹谷峠の方に戻ると左側に笹谷古道の標識があって、そのに駐車をしました。そこから林道を歩くと古道の登山口があって、1時間くらい登ると雁戸山の宮城ルートにつながっていました。参考になるでしょうか。
HITOIKI
2016/08/03 18:54
いや〜
すみません・・・・・
場所を間違えてしまいました。
山形県の関沢ICから峠方面に2〜300m行った橋の手前の所から右側の林道に入って行き、その途中から左側の登山道に行くコースです。
以前、HITOIKIさんが行かれたという不確かな記憶が有って、そこを歩いてみたいと思ったからなんです。
 大変失礼しました。
 もしよろしければ情報を頂ければと思っていますので、よろしくお願いいたします。
トシヒコ
2016/08/05 07:39
トシヒコさん、こんばんは。
確かにそのルートは積雪期に登ったことがあります。おっしゃるように林道を登ると鉄塔の下にでて、そこから稜線の脇をトラバースすると笹谷峠の山工の避難小屋近くにでたように思います。積雪期だったので、今は藪かもしれませんが、参考まで。
HITOIKI
2016/08/05 19:44
そうだったんですね〜
積雪期だったらそのコースの方が旧道行くより短いようですね。
興味あるコースです。
夏道については、衛星写真で見ると上の方から途中まで道跡が確認できるんで、気になっていたんでした。
お忙しい中貴重な情報ありがとうございました。
トシヒコ
2016/08/06 07:17
トシヒコさん、こんばんは。
毎日、猛暑が続き、外にでるのがいやになります。明日は磐梯山の予定ですが、バテバテになりそうです。
HITOIKI
2016/08/06 19:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蔵王ラインから坊平(平成28年7月31日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる