HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 念仏ヶ原再訪(平成28年8月12−13日)

<<   作成日時 : 2016/08/13 17:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 縁あってMさんと念仏ヶ原に再訪した。桃源郷と言われるような念仏ヶ原、想いは深い。その地で一泊。夏草が揺れる夕暮れの念仏ヶ原を静かに散策できた。それは一泊しなければできなかったひと時。何よりも代えがたい夏の休暇のHITOIKIだったが。初めて訪れたのは去年の初秋だった。草紅葉を山裾に置いて、月山はその頂きをついに僕の前に現さなかった。その時は日帰りだったからこうしてその山容に向かえる時間は少なくて、だから僕の脳裏にしっかりとしまわれた。一年が過ぎて、恋人に会うようなときめきを胸に夕暮れを歩く。避難小屋を目指した所から遮るものもなくて、月山山頂は眼前に輝いていた。こうして念仏ヶ原に立って望めば、なぜだろう、こみ上げてくるものがどこに行ってしまったのか。あまりにもその全てをさらけ出してしまった山容を持て余した僕は、もうここへは戻れないのかもしれない。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このコース長いですよね〜
小屋に泊まって山頂往復も・・・・
と考えていますが、なかなか実行まではいきません。
春先の花々が綺麗ですよね〜
ところで登山道は整備されていましたでしょうか?
トシヒコ
2016/08/14 06:29
トシヒコさん、おはようございます。
小屋に2泊すれば、山頂往復もできそうですね。小屋前の水場の水が少なめでした。
イワショウブが満開でした。春先も楽しみです。
国立公園表示版までのトラバースで足を踏み外して3メートルくらい落ちました。ダイモンジソウがないかよそ見したためでした。そのほか整備されているほうだと感じました。
ずっと日陰を歩けるので今の時期もオススメです。
HITOIKI
2016/08/14 08:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
念仏ヶ原再訪(平成28年8月12−13日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる