HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 坊平から錦秋の蔵王を周回(平成28年10月15日)

<<   作成日時 : 2016/10/15 20:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

 秋の日は短い。蔵王エコーラインを走って坊平のTOOコットン脇に車を停めた。日没まで6時間くらい。仙人橋へと下る坂で団体パーティーがもう下山してきた。中丸山経由で熊野岳。3時間くらいか。ピストンするのとお田神を下る周回とでも時間はだいたい同じ。月山下山の時のように、30分歩いてザックを降ろして、水分と行動食を補給して歩く計画。昼食を何処でとるか。気が焦ってきて、すこし早足になったかもしれない。最初の休憩で滝を見下ろす。谷は色づきだしていた。
画像

 次の休憩を終えるとすぐに中丸山の稜線に躍り出て仙人沢上流の谷合はちょうど秋の太陽を映して錦色に輝いている。今年一番の紅葉に圧倒されそうだ。
画像

 中丸山山頂は12時30分くらい。熊野岳のワシ岩が遥か向こうに見えた。下ると地蔵岳が秋色に染まって崩壊した土色を痛々しく縁取って見えた。
画像

 ワシ岩を目指して緩やかな木道を登る。蔵王ルートでは静かで気持ちのいい、最上の道だろう。
画像

 木道を過ぎると松ぽっくりが沢山落ちていた。これでストーブの燃料となると夢想しながら先を急いだ。いよいよワシ岩が間近に見えるようになって休憩するのに持ってこいのスポットで4度目の休憩。 いつかここでネイチャーストーブと松ぽっくりで飯ごうメシを炊いて食べよう。
画像

 石畳の綺麗に整備された坂道になると標識があった。そこにはロープがしっかり張ってあった。僕が登山を始めたばかりの頃、ここで、このロープもない頃、そのまま石畳から岩場を下ってしまって危うく遭難しかかった。たぶん3度目の山行だと思う。
画像

 ここから熊野岳山頂まではすぐだった。2枚しか着てない僕は、赤く燃えだした雁戸山と大東岳を見下ろしも、肌寒く感じてそのまま馬の背に向かう。そこから観光客で賑わいだして、刈田リフトに向かう。以前の登山道が見つからなくてリフトの方に緊急避難路を下るように指示された。ただのブル道だが、松ぽっくりは沢山あった。駐車場脇から車の音が聞こえる山道を下り、木道にでると、慰霊のモミュメントがあった。木道に戻って遅い昼食にした。秋空の下、棒ラーメンは格別だった。
画像

 パトロール小屋と書いてある古い小屋を過ぎるとゲレンデにでた。もう目印もなくなって、このまま坊平まで下りしかないか。GPSで出発点を確認して右に進むとTOOコットンの屋根が見えてきた。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しています。
15日の中丸山、同じコースで登られたんですね。
ボクは8時40分出発でしたから1時間ぐらいのニアミスだったのでしょうか。
HITOIKIさんも書かれていますがワシ岩を目指して熊野岳に向かう木道は蔵王でも特に心地よい区間。
当日は夕方から芋煮会の準備等で早めに戻らなければならず急ぎ足で周回しましたが本当は木道にでも横たわりのんびりと昼寝などしたいところでした。
それにしても中丸山の周辺やゲレンデの紅葉はあまりに綺麗で驚きました。
手軽に静かな山歩きが楽しめるのでボクのお気に入りのコースです。
gamou
2016/10/18 08:19
gamouさん、こんばんは。
こちらこそ、ご無沙汰しています。
僕は10時50分くらいに出発しました。熊野岳には13時20分くらいに着きました。gamouさんの山行記録を拝見しましたら、2時間で登られていましたね。やっぱり速いです。最近の僕は、のんびりムードになってます。木道で横になる、念仏ヶ原で体験しました。本当に気持ちいいですね。蔵王の良さをあらためて気づいた山行でした。
HITOIKI
2016/10/18 19:39
いや〜
紅葉が綺麗になって来てますね〜
このコースしばらく歩いていないな・・・
滝を見て、あ!
氷の滝はこの滝なんだと確信しました。
ありがとうございました。
トシヒコ
2016/10/22 14:33
トシヒコさん、こんばんは。
今日はお誘いありがとうございました。
とても楽しかったです。思い出になりました。
滝は夕暮れだと、日が差してもっときれいかもしれません。
今度、冬にも滝を見に行きたいです。
そのせつは、よろしくお願いします。
HITOIKI
2016/10/22 21:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
坊平から錦秋の蔵王を周回(平成28年10月15日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる