HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 横根から初冬の西蔵王(平成28年12月18日)

<<   作成日時 : 2016/12/18 21:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 
隔週ごとに西蔵王と笹谷を交互に歩いている。原則、西蔵王は自宅から歩くが、今日は悠創の丘の北駐車場に車を停めた。そこから車道に出て、車道を登り横根の民家の前を過ぎると、何の木だろうか、朽ち果てそうな古木が枯葉を着けて、腰を曲げた老人のようにつっかえの柱を頼りに立っていた。
画像

 来春には花を咲かせるのだろうか。また、足を運んでみたい。古峯神社までの参道を登るつもりだったが、いつの間にか通り越し、鳥居の前に出てしまった。
画像

 先は雪が深くなって、ここからは動物の足跡も見えた。公園前には左側にはすっきりと枝を払われた杉林があって、その前の空き地はテントも張れそうだったが、不法投棄禁止の看板だけで寂しげだった。公園には寄らずに展望台のある山頂まで、送電線の下を潜る未踏のルートを登る。地形図にもある破線の道で、くたびれた階段が雪の間に顔を出す。送電線の真下からは市内が一望できた。
画像

展望が開けると仏舎利のある稜線に出た。太鼓の音が流れて来る。掲示板の脇に林道は下るが、どこまで続くかは今度の宿題とする。展望台には車が2台あった。1台から降りてこられたは方と挨拶をした。僕が歩いて来たのを驚いておられた。展望台の掲示板の鷹戸屋山(793m)が気になった。
画像

 展望台から雪で埋まった遊歩道を下って浮沼で足を止めた。11月に来た時のあざやかな湖畔は消え去って、薄く凍りついた湖面は静寂としていた。
画像

 公園の脇を通ってバーベキュー広場で山ごはんにした。パンケーキは、薄く焼こうとしたが、うまく裏返しできない。今度は底の浅い大きめのフライパンで挑戦してみたい。焼肉を焼いていると、散歩の方が来られた。僕の隣の町内の方だった。雪の時のテント泊をしてみたいと話した。スノーモービルが走っているとアドバイスを頂いた。東屋の中は遮るものはなくて、炭火だけでは寒くなった。本当にそろそろテントの出番だ。
画像

お汁粉で温まって炭火の始末をして神尾古道を下った。古道は表面が雪で洗われた優しく輝く落ち葉が僕の進む方を導いてくれる。何度も歩く同じ道は、その反復の中に差異を教えてくれた。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
横根から初冬の西蔵王(平成28年12月18日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる