HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 千歳山から瀧山を仰ぐ(平成29年2月19日)

<<   作成日時 : 2017/02/19 18:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 千歳山には松が似合う。その松が2本倒れていた。1本は根こそぎ、もう1本は幹の途中からバッサリと。跨げそうにもない大木が2本も山道を塞いでしまっている。なんとも無残で残念だ。原因はなんだろうか。倒木は枯れているようには見えなかった。根こそぎ倒れるのは山肌の地盤が緩んでしまったせいだろうか。衝撃なのが地表から5mくらいのところで折れている松だ。よく山歩きしている私だが、こんな風に半ばから折れてしまった大木を見たのは初めてだった。寂しい気持ちで山頂を目指すと早春の日差しを受けて、瀧山が午前中まで降り続いていた新雪をまとって現われた。まさしく龍のように尾根を怒らせて横たわり、天空から下界を睨むようだ。しかし、その山容を千歳山の松は隠すように天に向かってそそり立ち僕たちを包む。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
風でしょうか、それとも雪のせいでしょうか?
山形も随分降ってそうですが信州もよく降りました。1月半ばの大雪ではリンゴの古木が折れているものや潰れたブドウ棚が目につきました。
今年はまだまだ期待できそうですね。月山ならずとも6月まで滑れるかしら?(笑)。
まこ☆にい
2017/02/22 15:51
まこ☆にいさん、こんばんは。
一昔前に比べれば雪は少なくなりました。6月まで雪があるかはどうでしょうか。松には害虫がついているのかもしれません。自然、大切にしたいです。
HITOIKI
2017/02/23 23:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
千歳山から瀧山を仰ぐ(平成29年2月19日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる