HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 蔵王温泉からコエド越え脇の沢を登る(平成29年7月23日)

<<   作成日時 : 2017/07/23 18:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

 蔵王温泉から瀧山に登ろう。今年の5月にうるしさんと登ったのだが、どうしてどうして、登山口が見つからない。竜山ゲレンデはブル道が草を隠していて、それに釣られて登るとリフトの頂点に着いた。それまでには登山口は見つけられなくて、地図を出すと前から気になっていたコエド越えルートがまた気になり出す。リフトの頂点よりは東側にルートがあるようで、すこし目を向けるが藪しか見えない。いったんブル道に戻ってすこし下るとまた、東側にすこし踏み跡らしき感があって詰めてみるが、ひどい藪こぎとなる。またブル道に戻って下ると5月のときの登山口をやっと見つけた。テンションは下がって登山口を歩くとちょうど雨足は強くなった。そこでやる気は半減以下となり、竜山ゲレンデのリフト下まで戻る。そこで地形図と地形を見比べるとコエド越えはゲレンデ東側から沢筋にルートがあるらしい。するとやる気は戻って来て、雨足も弱くなったのをいいことに、コエド越を目指す。だいたい沢の方を進むようにとまたブル道を登るとそれらしい踏み跡があって、そこを進むと沢に出た。ピンクテープもあった。それで、昨日からの雨で膝下くらいまでも所によってはある沢を登る。すぐに、虫が寄ってきた。初めて持参した扇子とストックを両手に持ってピンクテープを辿ると人の背ほどの滝も出てきた。そこからは扇子を仕舞って、慎重に登るがピンクテープが見えなくなった。それを気にしながらも沢を登るが、ついに倒木やら夏草やらで、これはルートを外したと確信した。その前から、地形図からは沢筋からすこし西の方にルートがあると教えられていたのだが、それを示すピンクテープや踏み跡はなかった。登って来た沢筋を引き返すことは置いといて、西の斜面を見上げた。稜線らしくみえたから、急坂を幹につかまって登るが、その稜線は高度を上げると遠のいて、嫌な気がした。上にすこし藪が薄くなっている感じの所があってそこまでは登ってみようと思い直し、すると夏道に出た。それを辿るとさっきの沢の天辺にでた。そこからは、涸れ沢が夏道の延長のようで、ずんずんと登れば、しっかりとした夏道になって、やっと瀧山からドッコ沼のルートに合わさった。あとは、雨で滑り易くなった粘土質の登りを越えて瀧山山頂に着いた。雨の中、高校生のパーテイが迷わないことを祈りつつ、温泉まで下った。
画像

 家に帰ってコエド越えの山行記録を見ると沢筋ではなくて、沢の脇にルートはあるらしく、結局の所、コエド越えの登山口探しは宿題になった。
写真集はこちらからどうぞ
https://www.flickr.com/photos/hitoiki/albums/72157686646159915/with/36102562365/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
研修ご苦労様でした
これからも登山、仕事と頑張ってください
jinen
2017/07/24 13:14
jinenさん、こんばんは。
還暦となり、これからですね。
HITOIKI
2017/07/24 19:11
インターハイ本番で大変になりますね…。お気をつけて。
瀧山のコエド越え、難しいんですね。初めは上から下りてくるとわかりやすいのかも知れませんが、地形図を見ながら迷いながらの山歩きもいいですよね。道迷いから脱せなくなる恐怖感もありますが(笑)。
うるし
2017/07/28 07:15
うるしさん、こんばんは。
一番の問題は虫でした。ネットを被ったほうがいいように思いました。あとは地滑りですかね。そうなったら、マジにやばいです(倒木もありましたので)。
インターハイ本番は雨の予報です。どうなることやら。
HITOIKI
2017/07/28 18:19
この入り口付近にアミタケというグロテスクな食用キノコが出るんですよ〜
今の時期かな?もうちょっと早かったかな・・・・
ゲレンデが草ぼうぼうだとなかなか下からはわからないでしょうね〜
お疲れさまでした。
トシヒコ
2017/07/28 19:14
トシヒコさん、こんばんは。
アミタケ見てみたいです。ルートでなくても、沢登りでも楽しめそうです。暑い時期は特にいいかもしれません。
HITOIKI
2017/07/28 23:09
ご無沙汰しております。山形3年目、登山は2年目に入りましたが、無理をせず少しずつ登っています。昨年以上に楽しくなって来ました。いつかまたご一緒できるよう 精進します。
山形3年目
2017/08/01 19:07
山形3年目さん、こんばんは。
僕なんかより、元気で経験豊富な方と登るべきでしょう。僕は還暦を迎え、新たな登山スタイルを模索中です。より個性的で「今と、ここ」を生きる山行をしたいものです。
HITOIKI
2017/08/03 20:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蔵王温泉からコエド越え脇の沢を登る(平成29年7月23日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる