アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「安達太良山」のブログ記事

みんなの「安達太良山」ブログ

タイトル 日 時
鬼面山と野地温泉(平成28年9月19日)
鬼面山と野地温泉(平成28年9月19日)  集合写真のイレブンの顔はみんな微笑んでいる。イレブンとは鬼面山山頂に集った山ガグッ部の面々のことである。その11人の笑顔を見ると部長としての充実感に浸されるて余りある。「箕輪山から鬼面山を歩く」とのテーマで案内した今年の山カグッ部登山だったが、蓋を開ければ、野地温泉から鬼面山のピストンに終わってしまった。それは、雨の所為であるが、また、雨のお陰でなんとかやり遂げられた登山でもあったし、ベストガイドとのお褒めも頂くこともできた。  去年の10月に鬼面山から箕輪山に登り、その2山の鞍部に広がる紅... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/21 21:22
夏雨と箕輪山(平成28年8月20日)
夏雨と箕輪山(平成28年8月20日)  思い返しても横向までの車中からの景色は遥かに遠い。雨はいつから振り出しのだろうか。登山口の対面の路肩のスペースに車を横付けした時には夏時雨がガラスを濡らしていた。後部座席を倒してスペースを広げて、荷台を広げて胡座をかいた。雨具上下と靴ときっちりと小さなスパッツを身につける。ここまでは濡れずに、車外に出てザックを背負うと雨具が水浸しとなる。ハイドレーションの先がザックのベルトに挟まっていただけだった。天からの雨は軽く全身を濡らす程度で、歩き出すとすぐに汗ばんで蒸し暑くなった。  残暑厳しい福島... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/08/21 15:29
横向から箕輪山周回(平成27年10月10日)
横向から箕輪山周回(平成27年10月10日)  10月10日と言えば体育の日だった。今は10月第2月曜日になった。そんな一日も50歳まではただの休日だった。そして子供達と終日過ごすか、読書三昧。そうして日々を懐かしがっているのもいいのだが、それも飽きてくれば、そろそろ自分の登山スタイルというものを形づくらねばなるまい。スタイルは大事なことで、それが揺るげば、生きがいも萎む。登山でのコースはみんなの大事のようだが、それも8年もすれば煮詰まってきた。これからはザックの中身にこだわりたい。今は30リットルのザックに詰め込んでいるが、過ぎて破れてき... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/10 22:40
安達太良山にて(平成27年2月28日)
安達太良山にて(平成27年2月28日)  安達太良山から帰って来て、僕がどうして山に登っているのか、改めて考えている。雪国山形の山に登って、安達太良山なんて、チョロイものと慢心があった。そうでなくても自分の山力を十分に発揮できると思っていた。結果は反省ばかりだ。視界不良の中、山頂に立ったまではよかった。帰路で思い込みからとんだ失態をやらかした。それを優しく助言して頂いた関東からの単独の方に、本当にお世話になった。GPSがあるから大丈夫との軽卒加減。どうして山に登っているのか。驕りからだったのだ。それがわかった。そんな自分の姿と心に気づ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2015/02/28 21:22
秋晴れの安達太良山(平成26年9月14日)
秋晴れの安達太良山(平成26年9月14日)  山ガクッ部の今年4回目の例会は「ゴンドラに乗って安達太良山周回」。周回こそできなかったが秋晴れに見守られ大成功の山行となった。山ガクッ部の部長となって3年目。1年目はロープウェイで蔵王、2年目は月山縦走を企画した。初心者から熟練者まで、年齢層も小学生から70歳までと、バラエティに富んでいて、みんなが満足できる山旅を企画し、無事終えるのは大変だ。今回も当初はくろがね小屋での温泉と欲張った企画だったが、集まったみんなの希望から急遽、鉄山までのピストンに変更して、帰りもゴンドラを利用した。その代わり... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/09/22 21:04
雨の安達太良山(平成26年7月20日)
雨の安達太良山(平成26年7月20日)  9月に予定している山ガック部の安達太良山登山のパンフ作りもあって安達太良山に初登頂した。ほぼ9月のコースを下見するようにとまずゴンドラ乗り場に向かった。駐車場に着いた時は12時を回っていたが相変わらず小雨が降り続けていた。切符売り場のお兄さんに天候を聞いたが猪苗代の方は晴れているとのことで回復を期待した。しかし、日差しが差すことはなく小雨とガスの山行となった。  雨の登山は慣れているので気楽なものだが、こんな時期でも安達太良山を登る人は多く、雨の中での登山者の横顔を覗き見しながらの山行はまた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/07/22 20:24

トップへ | みんなの「安達太良山」ブログ

今日のつぶやき

HITOIKI Blog 安達太良山のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる