三島由紀夫『葉隠入門』(酒宴は公界なり)

「大酒を飲んで失敗した人はかず多い。とりたてて残念なことである。まずは自分の酒量をよく知って、それ以上は飲まないようにしたいものだ。そうしていても、ときによっては酔いすごすことがある。酒の座ではいつも気をぬかずにいて、思いもかけぬ出来ごとが起こっても、じゅうぶん対処できるように考えるべきである。酒宴は、人の眼の多い晴れの場所なのだから、気をつけなければならない。」
酒宴での酒と酒場の酒を混同してはならぬ。酒宴こそ晴れの場であるが、仕事の延長とは違うようにおもう。自分を啓発させられる晴れの機会なのだから、こころして飲むべし。

この記事へのコメント