HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS トレースは誰のもの

<<   作成日時 : 2013/08/04 16:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 まだまだ雪山シーズンは続きその雪を求めて山に入るが雪の上を歩くのは楽しくもあるが疲れるものだ。しかし、まっさらの白銀の雪原に自分で一筋のトレースを付け、それを振り返るのは楽しい。
 そんな素敵なトレースにも落とし穴がある。トレースは僕にとって磁石のようなものでついついその後に引き込まれてしまう。真っ直ぐ行こうと計画していてもそのトレースが右に曲がれば、安易な方角に進路を変えてしまう。そうなったらもう線路の上を走る電車と同じになってしまう。
 地図とコンパスで自分の進路を切り開こう。それが雪山の醍醐味のはずだ。あえて人のいないルートを歩こうというわけではないが、雪の状態や自分の技術にあった歩きがしっかりとしたトレースとなって、その人の山行を飾ってくれるだろう。
 先日は山の師匠のトレースの後をストーカーのように辿った。あの時は電車のレールを歩くと言うよりは師匠と一緒に山を楽しんでいる気分だった。しかし、そんな経験から一歩、飛躍して十分のためのトレースを自分で付けて自分だけのものにしてみたい。誰も追随できない未踏の雪原の上にどこまでも続くトレースを残したいものだ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トレースは誰のもの HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる