HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙人沢から神室岳(平成25年9月1日)−一輪のミヤマウズラ− 

<<   作成日時 : 2013/09/13 21:53   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

マウンテン・ソング・ブックの morino1200tbさんが仙人沢から神室岳に登っていらして、そのブログのなかでミヤマウズラが綺麗に咲いていた。一輪だけ見つけた。9月のまだ暑い真昼だったが沢沿いの道は快適で同じ道を引き返してみた。
 車で笹谷峠の駐車場までくると車道の路肩まで車が並んでいた。ここで駐車して仙人大滝入口まで歩こうかと思っていたがやめにした。地図ではショートカットの登山道があるようだったが車からは確認できなかった。登山口までは車でもかなり遠く、山形神室へ周回し笹谷峠に下るのも諦めた。登山口には2台しか駐車していなかったが車の通行の邪魔にならないように3台目を路肩につけた。
 仙人大滝までは木漏れ日の下をしっかりした踏み跡を辿って歩く。沢を何度か徒渉するが前後に赤布が親切にあった。ナメた沢には倒木もなくさすが垢ぬけた宮城県の登山道だと感心した。早くも下山してくる方に会う。抜かるので注意とアドバイス。しかし大したこともない。予想以上に歩き易い。
 男女の登山者が沢の河原で談笑していた。仙人大滝を聞くとここが分岐だった。遠くに糸のように見えますよと教えていただき何とか確認したが帰りに寄ることにした。いよいよ神室岳を目指しての休みなしの登りとなる。


<一輪のミヤマウズラ>
 ここからはお目当てのミヤマウズラを求めて山道の両脇に目を配った。なかなか見つからなかった。諦めかけた時に天使のようなこの花に巡り会えた。たった一輪だったが可愛い翅を開いて飛び立とうといているようだった。談笑していた男女の声が後ろから聞こえていたのにいつの間にか自分一人なのに気づいた。その時銃声が一発響いた。熊でも見つかったのだろうか。2度目は聞こえなかったので登頂を継続することにした。
 地形図とは進路が違うことはガイドブックで確かめていたので仙人沢源流までは尾根伝いに歩いた。源流を渡ると涸れ沢様の暗いジメジメした登りに足を取られそうになった。そこを過ぎるとハクサンシャジンやミヤマトリカブトが咲いていて気分も明るくなった。そしてダンコ平に着いた。
画像

画像

画像
画像
画像



仙人大滝入口登山口(10:50)−仙人大滝分岐(11:28)−ダンコ平(12:42)−神室岳山頂(13:11−13:31)−ダンコ平(13:50)−仙人大滝分岐(14:41)−仙人大滝(14:50−14:53)−仙人大滝入口登山口(15:27)

神室岳    1356m  
往路    2時間21分
復路    1時間56分
移動距離  8.0km
総上昇量  764m

登山口には駐車スペースは1台分程しかなく路肩に駐車した。沢を何度か徒渉するが、下り口と取りつきには赤布があった。ダンコ平手前の沢を徒渉する前にY字路があり左側を少し下り加減に歩くが、右側にも標識があってそちらは登りになっていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
仙人沢から神室岳(平成25年9月1日)−一輪のミヤマウズラ−  HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる