HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 頼母木山で初雪に凍える(平成25年10月17日)−蒼い山肌に朝霧−

<<   作成日時 : 2013/10/27 08:31   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

<蒼い山肌に朝霧>
 リフレッシュのためにもらった休日だが、連日の時間外の仕事でベットで惰眠を貪りたい気持ちを後にして真っ暗な国道を南下する。長井を過ぎると雨が降り出すが、小国ではワイパーは止まる。荒川を渡ると飯豊山荘へと右折するが気が焦ってひとつ前を右折してしまいUターンした。飯豊山荘まで舗装された道が続くのが有難い。荒川沿いに行くと夜明けが近づくがまた雨がフロントガラスを濡らすと私の心も湿ってきた。
 駐車場に着いてもまだうす暗かった。雨は止まず車中で着替えた。11時から12時を折り返し時刻と決めて尾根にとりついた。歩き出すと雨は気にならなくなった。足場もそれほど濡れてなかった。展望はよく自分の愛車が一台無事を祈っているように見えた。対岸の山の紅葉はまだで蒼い山肌に朝霧が白く漂って見えた。一息入れると獣の臭いがして来た。雨の朝は思わぬ出会いが付き纏う。鈴とi-podだけでは心もとなく呼び声ならぬ、熊避けの独り言をかます。
画像

飯豊山荘(5:42)ー夫婦清水(7:25)ー地神北峰(10:11)ー頼母木山山頂(10:33−10:36)−地神北峰(11:02)−昼食(11:37−11:48)ー夫婦清水(12:57)−飯豊山荘(14:30)

頼母木山    1730m  
往路    4時間51分 
復路    3時間44分 (昼食時間を除く)
移動距離  10.9km
総上昇量  1572m

飯豊山荘から丸森峰を経由して頼母木山に登った。丸森尾根の後半から雪が見えだしたが、丸森峰からは夏道は雪で隠れていた。インナーの手袋ではすぐに濡れてしまい、指先がしびれている。飯豊連峰の主稜線は西風が寒気を運び凍えた。下山後の飯豊山荘の温泉で癒された。

飯豊連峰の主稜線までは約4時間30分だったが、雪道で歩きにくかったことよりは、雨具を脱いだり、着たりしたのと手袋を何度も搾ったために時間がかなりかかった。丸森峰から頼母木山まではガレ場だが、積雪のため夏道がはっきりしない箇所もあった。尾根の南側をトラバース気味に歩いたが、雪を被った岩場を草につかまりよじ登る場面もあった。地神北峰から頼母木山までは反対側からの下山者のトレースに助けられた。頼母木山からの下りでナメた石の斜面は新雪が積もっていて滑り台のようにして滑り降りた。昼食は立って食べたがその前にフリースを着込むため雨具を脱いだためか震えが止まらず、低体温症になりかけた。両手の指先は下山5日後だが、まだしびれている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分は大人数で歩くことが多いので熊の心配はあまりしたことがありません♪
気をつけているのは雨天装備のとき。ウェアやザックカバーで鳴り物が鳴らず皆さん無口になりがちだから(笑)。
実際このパターンのとき、子熊に出くわしたこともあります。
お互い気をつけましょう♪
まこ☆にい
2013/10/27 23:44
まこ☆にいさん、こんばんは。
小熊の傍には親熊もきっといますよね。出くわした時はどうしましょうか。視線をそらさずに後ずさり、気づかぬふりとしたほうがいいでしょうか。
HITOIKI
2013/10/28 20:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
頼母木山で初雪に凍える(平成25年10月17日)−蒼い山肌に朝霧− HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる