HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS うるしさんと炭沢山(平成25年11月10日)−山吹色と黄緑色−

<<   作成日時 : 2013/11/13 06:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年から登山に目覚めたうるしさんは近くの山を丁寧に登るスタイルで共感を覚えたが、夏の炭沢山を藪こぎしたという猛者だった。そのルートを案内してくれるというので御一緒させて頂いた。展望に恵まれない山なので秋雨のこの時期が最適だろうか。春には熊の大量の糞を目撃したので会話を絶やさないようにして歩きだした。
 雨は長くは続かず、忘れた頃にまた降り出した。でも雨音で会話が聞きとれない程でもなかった。1時間くらいでもう山頂に着いた。風を避けて頂標下の窪地に腰を下ろした。魔法瓶の珈琲を二人で飲んだ。山歴に花が咲いた。一人だと10分もあれば終わる昼食は1時間を越えていた。
<山吹色と黄緑色>
 帰路は私が前を歩く。下ると北からガスが流れて来た。私の好きなシチュエーション。紅葉には煌めく太陽もいいが、乳色に包まれる黄葉も捨てがたい。藪枝の跳ね返りで目を痛めないように少し離れて歩くように告げた。分岐を左に折れると左右に傾斜が傾き、尾根の中心を歩いていることがわかった。高度を下げると落葉前の雑木に交じってまだ黄緑に葉をたたえた一本が濃霧に浮かんで見えた。
画像

中の沢林道登山口(9:27)−炭沢山山頂(10:38−11:43)−中の沢林道登山口(12:51)

炭沢山 700m

往路     1時間11分
復路     1時間08分
移動距離     3.3km
総上昇量     308m

中の沢林道を登って最初のT字路を右折してしばらくすると駐車スペースがある。登山口がわからず踏み跡のある右手(西側)を下った。反時計回りに半周近くトラバースすると左手に山腹を登る踏み跡があった。そこを少し登ると大きな岩がありそこを越えると赤布が頂上まであった。帰路は岩の右側にトラバースを発見し、駐車地点の東側に下りた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
うるしさんと炭沢山(平成25年11月10日)−山吹色と黄緑色− HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる