HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 結露の一眼レフ(平成26年3月30日)

<<   作成日時 : 2014/04/18 21:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 途中でストックのリングが抜けるハプニングが起きてうるしさんは懸命に探してくれたが見つからなかった。そのまま歩いてバランスを崩したのだろうか、足元が頼りなくなった。空腹感を感じたが雨の中でザックを下ろして佇むところもなくてそのまま歩き続けた。 
 ふらつく足元に加えて視界もガスで悪くなった。でも霞んで見えるブナの巨木は今の時期、ロマンを感じさせてくれる。登り詰めて平原になるとそれなりに遠くまで見渡せるようになった。うるしさんは晴れたらさぞ気持ちよいだろうと余裕を見せていた。私は早く小屋が見えないかと前方に目を凝らした。娘の高校の山岳部でも小屋を探せずテン泊かと準備しかけたことがあったそうだ。空腹に冷たい雨で体力も弱りかけて来た時小屋の屋根が見えた。
 小屋の前には沢山のスノーシューが立っていた。ワカンを脱いでいると若者が出て来た。御一緒させてほしいと話して中に入った。高校の山岳部のようで挨拶するとなんと息子が今年卒業した高校だった。記念写真をお願いしたが、薪ストーブに暖まった一眼レフは結露でぼやけていた。でも薪の弾ける暖かさで力が戻った。残りのチョコレートを部員に残して奥の院に向かった。風が強く高みに立っただけだった。祝瓶山のある方に背中を向けて山頂写真を撮った。
 帰りは夏よりも早く高速で下った。勢い余って顔面着地したけれど。下山後はパレス松風で汗を流してからラーメンを二人で頂いた。麺は冷麺風でも芯まで温まった(完)。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
結露の一眼レフ(平成26年3月30日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる