HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀧山の氷瀑(平成27年1月10日)

<<   作成日時 : 2015/01/10 19:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

 西蔵王放牧場の駐車場には見覚えのある黒の車があった。その脇に停めて歩き出すと雪が降り出した。トレースは姥神コース登山口を越えて雪で埋まった車道に延びる。すぐに左にトレースは曲がったが、私は車道を道なりに進み、氷瀑のある大滝コースの沢筋を見失う。一つ南側の沢を登る。ここでGPSを見て間違ったことに気づいた。戻ってもよかったが、そのまま沢を登って北側の尾根に向かって直登した。しばらく稜線を登ると北側の沢のトレースを見つけた。崖を下って堰の南を巻くトレースに合流した。やっと、大滝コースに戻ったが、沢は分岐する二股のところで、氷瀑のある左の沢の方にはトレースはなく、トレースは二つの沢の間の尾根を登って消えた。去年の春に私が大滝手前の右の崖から登った尾根を登って瀧山山頂に向かったようだ。さすが山の師匠Sさんだ。氷瀑は大きく成長し、今度、みんなで来るのが楽しみだ。石仏のある氷瀑の裏側に登った。岩陰に上を向いた氷柱があった。蛇は生首をもたげたようで気味が悪かった。いつしか雪は止み、青空が氷瀑を見下ろした。
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
大滝の氷瀑、一月でもそんなに大きくなるんですね。私は去年三月に行きましたが初めて見る氷瀑に感動したものです。瀧山山頂から大滝に降りるルートをSさんに教えていただき、一人で歩いたのでした。氷瀑、また見に行きたいです。
うるし
2015/01/12 01:02
うるしさん、こんにちは。
うるしさんも、Sさんに会いましたか。Sさん、僕のことなにか言ってなかったかなあ。勝ってに師匠と思っているけれど、最近、連絡とってないです。レベルが違いすぎます。
忙しい毎日が続きますが、一緒に山行きたいですね。
HITOIKI
2015/01/12 11:13
その日西蔵王の牧場で初めてお会いして、姥神コースの途中でもお会いして氷瀑への近道を教えていただいたのですが、その方がSさんだと分かったのは後日HITOIKIさんからお聞きしてからですよ(笑)。
最近は以前ほど登っておりませんが、日程が合うようでしたらまた一緒に登らせてください。
うるし
2015/01/12 23:40
うるしさん、こんばんは。
ありがとうございます。そうでしたね。再会を楽しみにしております。風邪が流行ってますので、ご自愛ください。
HITOIKI
2015/01/13 21:10
私達は日曜日に行ってきたのですが、途中の堰堤付近で尾根に上がって行くトレースが有ったのですが、ここから尾根伝いに竜山に登った人がいるのかな?
 と思っていたのですが、あの跡はHITOIKIさんだったのでしょうか?
今年は寒いためか綺麗にツララが出来ていましたよね〜
 毎年感動を頂いています。
トシヒコ
2015/01/16 17:00
トシヒコさん、こんばんは。
たぶん、私のトレースだと思います。そのトレースを下って堰堤に降りたわけですが、逆に登って尾根に登ってもたぶん急な崖に出てしまうかもしえません。一つ南側の尾根だと山頂まで行けそうだと思います。以前に下ったことがあります。
HITOIKI
2015/01/16 21:43
へ〜
 そうなんですか〜
 大変参考になりました。
トシヒコ
2015/01/18 05:51
トシヒコさん、こんばんは。
瀧山はわたしが登った山形の山の中でも険しい山だと感じています。近くにあるので忘れがちですが、馬鹿にできません。雪のある時期にまた遊ばせてもらおうと思っています。
HITOIKI
2015/01/18 19:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
瀧山の氷瀑(平成27年1月10日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる