HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒風吹き抜けるハマグリ山(途中敗退)(平成27年2月1日)

<<   作成日時 : 2015/02/01 17:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 ブログを書き始めている今は久しぶりのビールにほろ酔い気分。途中敗退の山行も終わってしまえばただ懐かしいだけであるがそんな敗退を無反省で振り返ってはいけない。まずは体調不良。これは致し方ない。山だけで生きていける身分ではない。次は装備の不備。なんとストックが1本もなかった。それに天候の悪化。風が強くストックなしでは吹き飛ばされそうだ。最後は山頂を目指すこだわりの薄さ。こだわりは気力にも通じるが、逆に頂きを軽視するこだわりがあってもいいかも。まずは写真を一枚。
画像

 朝まだ明けやらぬ空には星もまたたいていて、これからの山行を期待して仮寝をいただく。高層窓からは日差しも眩しくじっとしてはいられない。車を走らせ山形の街を南下するにつれてお日様は遠くに逃げて行くようだ。自宅に帰って遅い朝食をとる頃には雪が降り出した。今日は笹谷だ、と気合いを入れる。もう後には引けない。今月の登山部のハマグリ山の下見でもある。駐車地点には片側満車の状態。ワカンを付け終わる頃にはお昼に近かった。雲が東に流れ、その雲の切れ間に青空をのぞむ。しまった、ストックがない。幸い、トレースの下にはしまった雪が続いていた。林道を抜けると笹谷街道の立て札が短くなっていた。そして自分も雲の中に入って行く。
画像

 峠近くなると霧氷に覆われた枝が編み目のように曇天を覆う。一瞬、風に運ばれて青空が頭上に。ほんの数秒だった。ピンクテープはあるがトレースは風に吹き飛んでいつの間にか膝までのラッセルに。ストックがないとこれはきつい。締まった雪を探しに風紋のある尾根を探す。GPSを見れば峠はもうすぐだ。バランスを崩し下界を見ると関沢まで見渡せた。それも一瞬だったが。
画像

 笹谷峠はいつものように風の通り道で立ち止まってはいられない。トレースはあるのかないのか風に聞いてみるしかない。しばらくはその風のおかげで締まった雪は氷上のようでラッセルもいらない。しかし。目指すハマグリは雲に隠れて見えない。傾斜を直登。吹きだまりか新雪か、膝までのワッセル再開。先行者はどこへ行った。小屋のダルマのまわりにいるような。膝に手を置いて一歩ずつ。でもその一歩がたまらなく短い。もういやになってきて一息つこうとしたらジュースのペットボトルがない。ザックから落としてしまった。氷のようなお茶を飲む。ザックには暖かい珈琲があったがその時は忘れていた。ワカンでのキックステップのためかワカンのベルトが外れた。かまわず登るが寒風が雪を舞い上げる。立ち止まったらもう登れなかった。
画像

 木陰に座り込んでワカンのベルトを締め直す。手袋は外さず出来たので気を良くした。でも帽子を通しての風の音は強くなるばかりで珈琲にも手が伸びなかった。そのまま立ち上がって帰路へ。数分前の自分のトレースも霞んでいる。ガスのためか風のためか。そのうち西からの風がまともに顔を直撃して目を開けられない。ゴーグルは蔵王と同じで霜は氷ってせっかく曇り止めをしたのに使いものにならない。ザックの中のポットの湯で解かせばいいのだろうが、立ち止まるのが嫌だった。峠に着いて小屋に行こうかとも思ったが往路より風が強くなって、これからもっと荒れそうだったのでやめた。下るとジュースのペットボトルがちょこんと雪の上に立っていた。誰か拾ってから置いていてくれたのだろう。口に入れると甘いシャーベット。とても美味しい。林道近くでこれから登る方にお会いした。お気をつけて。GPSの電池を交換するのに手袋を脱いだら、またたく間にかじかんだ。車道脇にりっぱな雪庇が出来ていた。駐車地点に戻ると新たな車が2台来た。これから登るのだろうか。私は冷えきったからだを温泉に。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れさまでした。
忘れ物が多くなった時は 前日の明るい時に
リスト点検するといいですよ。

ところで 温泉はどちらへ?
tabi-syashin
2015/02/02 07:10
tabi-syashinさん、こんばんは。
去年は同じ時期に山形神室に2度登っているのに、条件が違うとはいえ今年は足下にもおよびませんでした。やはり冬山は厳しいです。忘れ物はなにかは毎度あります。前日の明るいうちに準備したいとおもいます。そうですねリストを作るといいですね。やってみます。温泉はるぽぽ川崎で、ヘルストンなので本当は温泉ではないかな。湯上がりのラウンジに大きな薪ストーブがあるので湯冷めしなくて良かったです。割と空いていました。
HITOIKI
2015/02/02 20:17
僕は夏冬2回 装備メニューを画面に張り付けてますよ。忘れ物を減らすにはこれがベストです。しかも食料を2泊分となると それだけで毎晩チョコチョコ買いあさります。それでなんとか無事に(笑)

るぽぽ川崎って 初耳でした 調べてみようかな。
tabi-syashin
2015/02/02 21:31
tabi-syashinさん、こんばんは。
山の楽しみは登るだけではなくて、その準備と山行記録にあると思ってます。登るまでのイメージは大きければ大きい程、達成感も大きく、途中での発見も多いようです。泊まりはとても憧れますが定年後の楽しみに取っておきます。それで、飯豊本山は一回きりです。今年は再訪したいと日が長くなるのを待っています。るぽぽ川崎は笹谷トンネルの宮城側で宿泊もできるようです。今の時期はインフルエンザが怖くて人ごみには行きませんが、すいていました。山は寒いけどそれで風邪ひいたことはないですね。これから、登山部の初心者と登ることになると思います。それと娘とかな。
HITOIKI
2015/02/02 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
寒風吹き抜けるハマグリ山(途中敗退)(平成27年2月1日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる