HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 富神山から遠く山寺を望む(平成27年6月20日)

<<   作成日時 : 2015/06/20 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 初夏の夜明け頃、玄関の戸を開けて一歩踏み出すと、朝日と共に爽やかな風に包まれた。登山口までの車の中、振り返ると県境の山々の上には大陽が登り切っていた。今日は新道口(西口)から富神山を登る。もうご来光は望めないが、ちょうど登り始めた日は厚い雲に隠れて、山々は鮮やかなシルエットを描いた。南の番城山から北の御所山までスカイラインが続く。雨呼山と御所山の間には雲海から頭を出した堂木沢山が浮かんで見えた。仙山線が県境を跨ぐ、山寺の近くの山並みが幾重にも重なって雲間から差し込む太陽によって次第に明るくなって見えた。
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
夜明けの富神山からの眺め、素晴らしいですね。私も夜明けや夕暮れ時に行ってみたいです。
うるし
2015/06/20 18:20
うるしさん、こんばんは。
夜明けは西から東を、夕暮れは東から西を眺める。日を見るのではなく、傾く日の影が山を綺麗に見せてくれます。日陰の美とでも言うのでしょうか(笑い)。
HITOIKI
2015/06/20 23:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
富神山から遠く山寺を望む(平成27年6月20日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる