HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 山ガクッ部 天元台から吾妻連峰を歩く(平成27年8月2日)

<<   作成日時 : 2015/08/05 18:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 山ガクッ部のみんな8人と西吾妻山を登頂した。予報では不安定な空模様だったが、終日、快晴に恵まれた。稜線は涼しげな風が吹き、下界の30度の下らぬ夜から、夏合宿の天元台に戻ってしまいたい気分だ。

 8月2日に西吾妻山に登った。参加は8人だった。観光バスで白布温泉まで移動し、ロープウェイに乗って天元台まで。それから、3本のリフトに乗り継いでから歩き出した。天候は雲もほとんどないくらいの青空で、適度の風にも恵まれた。
 まずは人形石で休憩した。ISさんは地元で、高校時代の登山を思い出されていた。ここからは蔵王連峰が一望でき、ITさんから山座同定をして頂いた。僕は去年に歩いた東大巓までの木道を眺めた。ここで十分に水分を取って大凹(おおくぼ)に下る。木道周囲にはワタスゲやチングルマの穂が見えた。
 大凹では7月5日に下見に来た時にはまだ雪渓が残った所一面がチングルマのお花畑になっていた。池塘が太陽の光を映してキラキラと輝いていた。大凹の水場を過ぎて大きな石の急登となった。幸いに石は乾いていて、滑って転倒する人もなく、梵天岩を望む高層湿原となった。
 高層湿原で足を停めて展望を楽しんだ。ここでもITさんに教えて貰って、去年山ガクッ部で登った安達太良山を同定した。磐梯山は見えない。遥か向こうは会津の山並みだろうか。みんなは疲れた様子もなく高層散策を楽しんだ。
 岩場を少し登ると梵天岩に着いた。岩の上に座って暫し休憩した。ここでは沢山の登山者が展望を楽しんでいた。おなかも空いて来て、天狗岩でのお弁当が待ち遠しかった。
 吾妻神社のある天狗岩の広場でお弁当にした。ここは、大きな岩が敷かれたような平坦な場所で、僕はドリップで1リットルの珈琲を振る舞った。途中、用意していた水筒を岩の隙間の穴に落としてしまい、おむすびコロリンのようになってしまって笑ってしまった。
 天狗岩で集合写真を取ってもらい、西吾妻山頂を目指した。ここまで来たなら百名山を登頂せねばならない。みんなは思い思いに写真を取ったり、ビデオを取ったりして登頂を噛み締めていた。
 登頂を終えて、天狗岩、梵天岩を経由して大凹の水場で休憩した。湧き水が冷たく美味しかった。僕はいつもの塩トマト甘納豆をみんなに配った。カロリーと塩分をアミノ酸が一度にとれる僕の山の友だ。
 カモシカ展望台までは木道の登りだったが、風が心地よく足取りも軽いようだった。カモシカ展望台で最後の休憩。地元のガイドさんらしい方が飯豊連峰や檜原湖も見えると教えてくれた。
 リフトを下りると天元台で合宿しているサッカー部員の若者がゲレンデを走っていた。緑のグリーンに赤のユニフォームが眩しかった。ロープウェイを下ってバスに戻ってから温泉で汗を流して山ガクッ部登山を終えた。
画像

画像

画像


写真集はこちらからどうぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
天気が続きますね。登らにゃ損々って感じです(*^O^*)♪
ただこれだけ気温が上がると雷が怖いので行動計画が大事になりますね。
まこ☆にい
2015/08/05 20:39
まこ☆にいさん、こんばんは。
2年前にはゲリラ豪雨にあいました。雷だとリフトも停まります。雲で出て来たら要注意ですね。行動計画は、最終的には現地で決めています。
HITOIKI
2015/08/05 21:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山ガクッ部 天元台から吾妻連峰を歩く(平成27年8月2日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる