HITOIKI Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS je7snvさんと黒森山(平成28年2月11日)

<<   作成日時 : 2016/02/11 17:38   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 天気予報では午後から晴れるようなのだが、前日の夕方は雪が舞っていた。好天を祈って集合場所に向かうと青空が広がって来た。初対面の挨拶を交わして今日のコースの地図を頂いた。格子状に経緯線が記された見慣れない地形図には、踏破されたルートが赤く見えて、今日のルートは蛍光を放っていた。狸森から林道に入って元屋敷の集落に駐車した。黒森峠と呼ばれていたとje7snvさんから教えられた黒森山の西側を通る破線の道を辿る。黒森山の北尾根を過ぎたところで左に折れた。僕は手前の黒森に抜ける破線のT字路と勘違いしてしまったが、GPSが現地点を示していないためだった。電波のためかリアルタイムに軌跡を教えてくれない。さらに破線を進んだところで、僕が先頭に代わった。雪が深まり、道がわかりにくくなったが、後ろからje7snvさんにアドバイスしてもらった。鉄塔が見えて来て、それを目標にして進んだが、頭上に東西に走る稜線が見えて来たので、それを目標に杉林の中を直登した。稜線に辿り着いた時には汗が吹き出してきて、帽子とネックウォーマーを脱いで体温を下げた。ここでゆっくり休んでje7snvさんからお菓子を頂いた。山頂まであと標高差150mくらいとなって、このペースならお昼には山頂に着きそうだった。ここでもGPSは僕たちの足跡をゆっくり追って来て、気づいた時には山頂の平坦な高まりだった。je7snvさんは三角点の緯度、経度をメモされていて、さすが山歴約50年の大ベテランと感心した。その三角点が雪の下に眠ると思われる地点に着いてお弁当にした。冬山の注意点などを伺うことができた。珈琲をドリップして分け合った後、来た道を折り返した。登りに3時間かかり、下りには左の股関節がすこし痛み出したが、登りの半分くらいの時間で下山した。まだ、雪は締まってなくて、楽しい山歩きにならなかったね、とねぎらわれたが、大満足の山行だった。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は楽しく登ることができありがとうございました。一番大変な部分でのラッセル、お疲れさまでした。これからもお付き合いのほどよろしくお願いします。
je7snv
2016/02/12 20:38
je7snvさん、こんばんは。
お誘いをいただき、今年は幸先のいい山行が出来ました。飯豊、テント泊を目標に体と経験を作っていきたいものです。ご指導よろしくお願い申し上げます。
HITOIKI
2016/02/12 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
je7snvさんと黒森山(平成28年2月11日) HITOIKI Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる