アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「テント」のブログ記事

みんなの「テント」ブログ

タイトル 日 時
西蔵王ソロキャンプ泊 ネイチャーストーブ で遊ぶ(平成28年9月3日ー4日)
西蔵王ソロキャンプ泊 ネイチャーストーブ で遊ぶ(平成28年9月3日ー4日)  五月の連休に西蔵王でテント泊した時に、隣のテントで炎が揺れていて、初めてのテント泊の心細さを慰めてくれたし、それから自分でも試してみたくもなった。しばらくたって、泉のモンベルでユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブを見つけて、新たなコンロなどと一緒に買った。松ぼっくりや小枝で火を起こせるらしい。西蔵王のキャンプ場までは車で行った。携帯電話で即、行動もできそうだ。いざ、テントを張って牛タンと豚レバーを焼こうと松ぼっくりを探したが、松の木は見当たらない。キャンプファイアー跡の炭を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 20:55
大鳥池の一夜
大鳥池の一夜  自然の中や山の中で一夜を過ごすこと、それは、それだけでロマンを感じさせるから、どうしても憧れてしまう。この度、大鳥池のキャンプ場でテント泊を経験してみた。テント泊は人生3回目だった。1回目は学生時代に佐渡で。暑かった。それから、今年の西蔵王。車の音が余計だったが、早朝の野鳥の囀りは良かった。それから、今回の大鳥池。危惧していた不眠は、なんとかなった。でも、自然に抱かれて、またのない感動があったかといえば、嘘になる。一つには明日の山行を気にして大人しくしていたことが原因を思う。テントの脇でランプ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/06 21:21
大鳥池テント泊とヒメサユリの以東岳(平成28年7月1−2日)
大鳥池テント泊とヒメサユリの以東岳(平成28年7月1−2日)  以東岳に登る時は午前2時には起きていた。睡眠期間は数時間。還暦間近にとっては血圧が気になる。これからは無理せず山を楽しみたい。いつもと同じ時間に起きて、いつもと同じ朝食を取って、トイレも済まして(ここが大事)、登山口に向かう。10時前に泡滝ダムに着いた。厳冬期に西蔵王でテント休憩した時のザックの中身に2日分の食料を追加して、着替えに、虫対策のスプレーにネットに蚊取り線香2種、ビール、ウイスキーに日本酒と肩に染みる。ただ、以東岳は水は豊富なのでお茶を1Lだけ詰めた。13kgくらいか。  1... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/07/02 23:59
西蔵王でテント泊(平成28年5月7日ー8日)
西蔵王でテント泊(平成28年5月7日ー8日)  こんにちは、HITOIKIです。  初めてのテント泊から帰って来た。昨日は午後4時過ぎに自宅から14kgくらいのザックを担いで出発。昼酒のためか、ペースは上がらない。東北芸工大の南側から林道を登る。まだ未踏の道だった。暫く登ると、ショートカットのような階段があり、両脇にツツジも咲いていて、鉄塔の下に着いてからは林道を探したが、そこからは作業道が降っていた。ショートカットは大きく回り道に変わった。そのまま進むを悠創の丘からの林道に合わさった。釣り人が夕暮れの沼に糸を垂れていた。キャンプ場は女子... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/08 12:30
西蔵王にてJETBOILでつや姫を炊く(平成28年2月21日)
西蔵王にてJETBOILでつや姫を炊く(平成28年2月21日)  JETBOILでご飯を炊くには飯ごうが必要だ、と思っていた。隠れた名著である「JETBOILで簡単クッキング」でも、「ジェットボイルでご飯を炊く」にはクッカーを使用している。たまたま、いつもの飯ごうを忘れてしまい、お粥になってもいいと覚悟して、JETBOILにそのまま蓋つきのコップに入れておいた研ぎ終わったつや姫を入れて、サーマルクッキングで炊いてみたら、すこし水っぽかったが、糊にように柔らかくならず、お米の形は崩さずに炊くことができた。水加減さえ会得できれば、JETBOILだけで山ご飯が楽し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/02/21 21:31
二ッ森山下見(平成28年2月7日)
二ッ森山下見(平成28年2月7日)  積雪期に遊ばせてもらっている山の一つに二ッ森山がある。南蔵王を不忘山への稜線と袂を分けて、こちらが山形県と宮城県の県境の稜線上にある。しかしながら不忘山に比べ、夏道がないこともあって、静かな山歩きが楽しめる。言わば、積雪期限定の山塊である。萱平までは除雪がされていた。林道入り口の駐車地点には、スノーモービルを楽しむための軽トラックが数台あった。南に向かう九十九折の林道は避けて、P763に続く西南西の尾根の取り付き地点まで下見をした。P763ーP1025と尾根筋を登って二ッ森山に登ってみたいもの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/02/07 19:55
雪の古竜湖でつや姫を炊く(平成28年1月31日)
雪の古竜湖でつや姫を炊く(平成28年1月31日)  ランタンと飯ごうを詰めて、ワカンとストックもつけると今まで以上にザックは重くなった。先週は成沢林道からトレースに誘われて三本木沼にテントを張ったが、今回は古竜湖を目指すため、九十九折の林道を避けて、林道南側の川の上流から取り付いて南西に伸びる尾根を登った。ザックの重みのためかワカンを履いても膝上までラッセルとなった。すこし登ると所々にピンクテープが見えたが、林道にでたところでカーブミラーの脇にもあった。湖水の畔の瀧山が望まれる所にテントを張る。ザックの雪対策のためにテント用のアンダーシートの脇... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/31 21:00
厳冬の三本木沼湖畔にて(平成28年1月23日)
厳冬の三本木沼湖畔にて(平成28年1月23日)  この一週間でまとまった雪が降った。それで、潅木も埋まった尾根伝いに二つ森山へと地図とにらめっこしていたが、そのせいか、寝坊してしまった。昨夜の晩酌の名残もこたえて、今日も西蔵王へと向かう。自宅から山形霊園の坂を登り、汗が噴き出た。ゴルフ練習場は冬季閉鎖。花夢花夢は廃墟になりつつあって、その駐車場は太陽光発電のパネルが並ぶ。一旦下ると、氷付いたアスファルトに靴底を取られる。蔵王山田へと続く車道を歩くと成沢林道の分岐となる。ここからは雪道となるがトレースがあった。トレースはすぐに左へと折れたが、林... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/23 22:23
西蔵王と納豆餅(平成28年1月16日)
西蔵王と納豆餅(平成28年1月16日)  冷蔵庫を開けて納豆を見つけた。それから、無洗米を入れておく蓋付きのカップに清酒を一合入れる。モンベルで買った網金と正月で残った切り餅とカップ汁粉をザックに入れた。それからザックにストックとワカンとスパッツを結びつけて自宅から歩き始める。雪もやんで青空がのぞく。テレビ塔までと思ったが南駐車場に着くと雪がまた降って来た。まだ、1時間ばかりしか歩いていないが、テントでゆっくりすることにした。キャンプ場について沼が見える方に出入り口が来るようにテントを張る。雪上テント設営のために竹ペグを8本用意した。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/16 21:03
古竜湖でテント休憩(平成27年12月26日)
古竜湖でテント休憩(平成27年12月26日)  自宅から何時もの登山スタイルで歩き始める。GPSのボタンを押した。旧の蔵王高校の脇を抜けて、棚田のある農道を登る。一番先まで登ると林道があった。西蔵王でまだ歩いていない少ない林道だった。ピンクテープが幾つもあった。でも、誰も歩いてはいない感じだった。車道が見えるとひょっこりと沼に出た。その脇を歩くと車道に出た。横断して昔の車道を歩くと小屋があった。周りは藪で漕ぐとザックの重さが沁みた。用水の脇は土盛りさせていた。そこを抜けるとスギ林の林道になって、しばらくするとこの前のキャンプ場に着いた。そこ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/12/26 23:13
小春日和の瀧山(平成27年12月23日)
小春日和の瀧山(平成27年12月23日)  今年は暖冬のようで、自宅の前には一度も雪が降りて来ない。でも、瀧山は新雪を戴いて、光り輝いて見えている。前回の西蔵王同様、テントを詰めて登山口に着いた。ワカンをザックに付けたり、林檎や餅を詰め込んだりして、ザックは肩に食い込む。牧場には牛の姿はなく、濡れた車道は氷ついていた。うがい場を過ぎて、水神の石碑を見つけた。山道は落ち葉が伸し烏賊のように薄くなって、凍りついた上を歩くとパリパリ音がした。登るにつれて積雪はわずかに増えるが、靴を隠す程ではない。姥神まではキックステップでなんとかなった。姥神... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/23 19:33
西蔵王でテント設営(平成27年12月13日)
西蔵王でテント設営(平成27年12月13日)  いつかは飯豊でテン泊したいものだと、いうわけで、その練習を始める。まずは道具だが、48Lのザック、1−2用のテント、テントシート、シュラフ、シュラフカバー、マットを買った。それにジェットボイル、水筒3個、コップ、シート2枚、雨具、ザックカバー、スパゲティー、レトルトナポリタン、赤唐辛子スライス、水1500L、紅茶のティーパック、砂糖、塩、醤油、コルクの鍋敷き2枚、非常食(五目ごはん)、塩トマト甘納豆、おしぼり、ヘッドライト、単3電池6本、ガスカートリッジの予備1個、マッチ、ライター、テッシュ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2015/12/13 19:50

トップへ | みんなの「テント」ブログ

今日のつぶやき

HITOIKI Blog テントのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる